世帯年収500万の家計簿予算と内訳を公開

我が家の家計簿を公開していますが、分かりやすく毎月の家計簿予算と内訳をまとめました。

毎月の家計簿も公開中

収入

大体、平均はこんな感じ

収入
旦那 ¥260,000
わたし ¥80,000
合計 ¥340,000

 

※2018年4月から旦那が転職することになったので、収入は下がる予定w

旦那2度目の転職!今年はお得に生活・収入を増やす事を目指します

支出

支出
家賃 ¥18,000
食生活費 ¥77,000
光熱通信費 ¥36,100
お小遣い ¥40,000
こども生命保険 ¥3,170
学資保険 ¥14,316
保育料 ¥19,050
交通費 ¥5,000
水道 ¥6,000
外食  
その他  
合計 ¥218,636

 

一応、旦那の給料だけで生活は出来る範囲です。それぞれの支出項目と内訳を解説

家賃

みつ子

見ての通り家賃が格安

世帯年収が半分になったときに家賃の見直しもしまして、市営住宅に住んでいます。

3Kの駐車場1台込みの家賃で収入によって変動しますが、大幅な増収がないので

今までの家賃は最低限の家賃です。

食生活費

我が家は食費と生活費を一緒にして1ヶ月を10日で1週とし、3週に分けています。その内訳がこちら

食生活費
1週目 ¥20,000
2週目 ¥20,000
3週目 ¥20,000
合計 ¥60,000

食生活費には

  • 食費
  • 雑費
  • レジャー
  • 外食

が主に含まれます。

もちろん、足りないときもあるので、事前に積み立てをしていた特別費から出したり臨機応変にゆるーくしてます。

食生活費の中にも固定費

残りの17000円の内訳は、食生活費の中にも固定費を作って管理しています。

以前まで食生活費の中に組み込んで管理していましたが、決まってこの金額が出て行くので固定費として別で管理しています。

内訳はこちら

固定費
ガソリン ¥12,000
日用品 ¥2,000
町内費 ¥1,200
保育園雑費 ¥1.800
合計 ¥17,000

日用品は前までオムツやミルクも入っていたので予算が5000円超えてましたが

今は子ども達もオムツはそこまで使わなくなったので予算を見直して下げました。

光熱通信費

光熱費と通信費をクレジットカード払いにしているので、まとめています。

その中に夫婦の生命保険も含まれていまが、内訳はこちら

光熱通信費
夫婦の生命保険 ¥9,692
Wi-fi ¥3,888
携帯2台 ¥6,000
ガス ¥4,000
電気 ¥4,000
NHK ¥2,520
合計 ¥30,100

夫婦の生命保険の内訳

旦那
医療保険 ¥3,932
収入保障保険 ¥2,146
がん保険 ¥1,943
合計 ¥8,021
わたし
医療保険 ¥1,671
合計 ¥9,692

旦那の保険は3年前に見直しをし、保障は手厚くなったのに安くなりました。

わたしは医療保険しか入っていないんですが、がん保険を旦那と同じところで加入予定。

無料で生命保険の見直しをして節約!見直し前と後の保険料を比較してみました

Wi-fiと携帯

Wi-fiはOCN光のマンションタイプで利用中。

携帯は

  • 旦那⇒ガラケー+iPhone
  • わたし⇒iPhone

夫婦のiPhoneはauからmineoへ乗り換えました!

【年間14万も携帯代の節約に成功】お得にmineoに乗り換える方法

旦那のガラケーは仕事上、通話をよくするのでドコモのガラケーで電話かけ放題のみを契約。

ガス、電気、NHK

ガスと電気は季節により変動します。真夏は電気代がMAX10000円。

真冬はガス代がMAX7000円でした。NHKは2ヶ月に1回の請求ですが、年払いにしようと思ってます。

夫婦のお小遣い事情

世間では旦那の小遣いは手取りの10%とかいうけど、うちは10%以上あげちゃってるw

  • 旦那のお小遣い:30000円
  • わたしのお小遣い:10000円

うちの旦那はそれでも、足りないらしいよ、知らないけどw

子どもの生命保険と学資保険

子どもの医療費は3歳まで無料だし、3歳すぎてもそんなにかからないので

夫婦の生命保険を見直したときに「子どもの医療保険は必要ない」と言われましたが

娘が入院した時に、わたしも付き添い入院で仕事に行けなかったので、子どもの医療保険で助かりました。

子どもの医療保険はいつから必要あるのか?実際に入院してから分かる必要性

コープ共済のたすけあいに入っていて、特約で個人賠償責任保険に加入。

あとは、娘の互助会で1000円加入しています。

学資保険は娘がアフラックの学資保険、息子がかんぽ生命の学資保険に加入中。

保育料

保育料は夫婦の収入によって変わるので非課税世帯になったときは保育料が二人で4800円になったことがありました。

今でもまだ、安いほうだと思いますが来年度も19050円の保育料の予定です。

二人目が半額なのでありがたい!

みつ子

貯金事情

我が家は先取り貯金をしているので、収入が決まる前に貯金の予算も決めています。

貯金
マイホーム貯金 ¥36,000
投資信託 ¥60,000
予備貯金 ¥25,000
合計 ¥121,000

予備貯金は、いずれ使うお金なので貯金に入らないけど、毎月25000円積み立ててます。

特別費の予算は決めてる?世帯年収500万円の特別費の内訳と貯め方

投資信託も毎月60000円積み立てています。

ちょっと、積み立てすぎかな?と思いましたが、分散投資でマイホームを買う頃に解約予定。

【投資初心者】投資信託の資産と毎月積み立て中の銘柄を公開

これを元に毎月やりくり

この予算を元に毎月やりくりしていますが、いくら予算を決めていても収入や支出は変動してしまいます。

ここを臨機応変にやっていくことで、家計簿も無理なく続けることができるので

主婦の皆様、やりくり一緒に頑張りましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です