個人賠償責任保険に加入するならクレジットカードがおすすめ!

個人賠償責任保険は子供がいる家庭におすすめ

みつ子

子供が他人の物を壊してしまった・・・

そんな時、弁償しないといけませんが金額が高額な場合、いくら弁償とはいえ予期せぬ出費

しかしそんな時に補償してくれるのが個人賠償責任保険

あなたは加入していますか?

特に子供がいる家庭にはおすすめです。

100均とかいくとお皿コーナーは特にヒヤヒヤしますよね。

個人賠償責任保険は主に特約として契約し我が家はコープ共済の特約で加入していますが

意外と特約として契約できる場所が多かったので

知らないうちに加入している場合もあるかもしれません。

個人賠償責任保険を契約するなら、おすすめなのがクレジットカードに付帯すること!

>>クレジットカードで加入できるところを見る

みつ子

あなたが持っているクレジットカードにも付帯できるかもしれません。

この記事では個人賠償責任保険についてと加入できる場所をご紹介

個人賠償責任保険とは?

加入すると契約者はもちろんその家族が日常生活において

他人の物を壊してしまったり、ケガをさせてしまったりして法律上の賠償責任を負ったときに対応できる保険で

どれも月額料金は数百円程度で補償してくれるものが多く、特約として契約するものがほとんどです。

補償対象者

個人賠償責任保険は1人が加入すると、その家族全員が補償対象者になります。

  • 契約者本人
  • 契約者の配偶者
  • 契約者・または配偶者と生計を共にする同居親族(子供など)
  • 契約者・または配偶者と生計を共にする別居の未婚の子(一人暮らしをしている大学生の子供など)

などが対象者になります。

契約者を誰にするかによって補償対象者も変わるので加入する前に確認しておきましょう。

個人賠償責任保険で補償できるもの

個人賠償責任保険の対象例個人賠償責任保険
引用元:楽天銀行 個人賠償責任プラン

加入する保険によっても異なりますが主な事例として

  • 自転車に乗っていて相手にケガをさせてしまった
  • 水漏れして下の階の人の家財に被害を与えた
  • お店にある商品を誤って割ってしまった
  • 知人の家で物を壊してしまった

などが対象となります。

加入する保険によって補償範囲がことなるので注意

個人賠償責任保険の補償対象外

  • 仕事中に起きた事故
  • 借りていたものを壊した場合
  • 家族のものを壊した場合
  • 故意や喧嘩によってケガをさせたり物を壊してしまった場合
  • 自動車の事故

などは補償対象外です。

これはどうなの?と思った事案については、加入しているところに確認するのが一番です。

子供がいる家庭におすすめ!

子供は予期せぬところで物を壊してしまったりすることもありますが

個人賠償責任保険に加入している場合、万が一の損害賠償にも備えられますし

月額140円~と数百円程度で契約者1人に対して最大3億円まで家族全員が補償対象になります。

加入する際のポイント!示談交渉・補償金額を要チェック

個人賠償責任保険は月額料金が安いので加入する際は見落としやすいのですが

示談交渉サービスがあるかどうかと、いくらまで補償してくれるかの補償金額は

事前にチェックして加入しましょう。

示談交渉サービスとは?

事故などが起きたときに賠償金をいくらにするか決める必要があり自動車保険などは基本付帯していて

保険会社同士か被害者もしくは加害者とやりとりをしてくれるのですが

個人賠償責任保険では示談交渉サービスがない場合、被害者と加害者同士が話し合い賠償金額を決めるか

自分で弁護士を雇い解決しないといけません。

そのため、時間と労力がかかるので、最初から個人賠償責任保険も示談交渉サービスがついているとろがおすすめです。

補償金額は最低でも1億円がおすすめ

他人の物を壊したり、ケガをさせてしまった場合でもさすがに1億円必要ないと思うかもしれませんが

過去に自転車事故の賠償金として9500万円が言い渡されています。

参考 母親驚愕「息子の自転車事故の賠償金9500万円」の“明細”は…産経WEST

個人賠償責任保険は自転車で相手にケガをさせた場合も対象になることがほとんどなので

補償金額は最低でも1億円がおすすめです。

個人賠償責任保険が加入できるところはどこ?

個人賠償責任保険は、ほとんどが特約として契約するようになり

  • クレジットカードに付帯
  • 医療保険の特約
  • 自動車保険の特約

などがあります。

注意
特約でつけているので、それぞれ解約してしまうと個人賠償責任保険の特約も解約になるので注意!

加入するならクレジットカードに付帯するのがおすすめ

こんな方におすすめ

  • 普段からクレジットカードを利用している
  • 自動車保険や医療保険の見直しをよくする人

 

医療保険の特約や自動車保険の特約につけるのもいいのですが

見直しをした際に解約してしまうと、また入りなおさないといけません。

そして次に加入した保険の特約に個人賠償責任保険がない場合もあるので

クレジットカードに個人賠償責任保険を付帯するのがおすすめ!

楽天PINKカード

楽天カード

月額料金 220円
対象になる人 加入者本人・配偶者・子供
補償額 1億円
示談交渉サービス あり
入会方法 楽天PINKカードに申し込みして特約として契約

既に楽天カードに入会している人がPINKカードに切り替える場合は手数料が1080円かかってしまうので

  • 一旦楽天カードを解約して楽天PINKカードに入会する(キャンペーンポイントは対象外)
  • 2枚目として楽天PINKカードを発行する(現在VISAブランドを保有している人のみ)

この2つの方法で楽天PINKカードを発行することができます。

まだ楽天カードやPINKカードを発行していない方は

楽天カードの申し込みから楽天PINKカードを選択して申し込みをしましょう!

↓申し込みはこちら↓

公式サイトで楽天カードを発行する

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)
月額料金 260円
対象になる人 加入者本人・配偶者・子供
補償額 1億円
示談交渉サービス あり
入会方法 イオンカードの特約として契約

イオンカードは「日常生活賠償プラン」という特約が個人賠償責任保険にあたります。

借り物の場合でも補償してくれるプランがあるので、手厚くすることができます。

↓既にイオンカードを発行している方は、こちらから申し込み↓
イオンカード専用保険に申し込む

↓まだイオンカードを持っていない方は、こちらから申し込み↓

エポスカード

【エポスカード】
月額料金 470円
対象になる人 加入者本人・配偶者・子供
補償額 2億円
示談交渉サービス あり
入会方法 エポスカードの特約として契約

既にエポスカードへ入会している方はエポスNetIDで24時間ネットからの申し込みが可能です。

エポラク傷害保険 賠償重視責任コースに申し込む

↓まだエポスカードを保有していない方はこちら↓

楽天銀行の特約で加入する

こんな方におすすめ!

  • 楽天ポイントで支払いたい
  • 楽天銀行を使う人

楽天銀行

楽天銀行

 
月額料金 140円
対象になる人 加入者本人・配偶者・子供
補償額 1億円
示談交渉サービス あり
入会方法 楽天銀行の特約として契約

楽天銀行の個人賠償責任保険は、楽天銀行からの引き落としになりますが

楽天ポイントで支払える(通常ポイントか楽天キャッシュ)のでおすすめ!

年払いにすると100円安くなります。

↓既に楽天銀行を開設している方はこちら↓
個人賠償責任保険プランに申し込む

↓楽天銀行を開設していない方はこちら↓

小銭が手数料無料で入金できる

医療保険の特約につける

こんな方におすすめ

  • 子供の医療保険もつけたい
  • 加入している医療保険は解約・他社へ変更するつもりがない

医療保険の特約としてつけれる個人賠償責任保険

 

比較的月額料金も安いのに、補償金額が手厚いのが特徴です。

コープ共済の特約

コープ共済 個人賠償責任保険
月額料金 140円
対象になる人 加入者本人・配偶者・子供
補償額 3億円
示談交渉サービス あり
入会方法 医療保険の特約として加入

我が家は子供の医療保険をコープ共済で加入していて、特約で個人賠償責任保険をつけています。

子供の医療保険をコープ共済で加入しようと考えているなら示談交渉サービスもあり

最大3億円まで補償してくれるので子供の医療保険に加入しようと考えているならおすすめです!

>>子供の医療保険は必要?加入する前に知っておきたい3つのこと|アンケートで聞いた加入率

自動車保険の特約

こんな方におすすめ

  • 自動車保険に加入している人

自動車保険の特約で個人賠償責任保険を契約することができます。

既に自動車保険へ加入している方は個人賠償責任保険があるかどうか確認してみるのがおすすめ!

自動車保険の個人賠償保険料は、契約者によって異なるので注意です。

SBI損保の特約

SBI損保
月額料金 契約者による
対象になる人 記名被保険者・配偶者・子供
補償額 1億円
示談交渉サービス あり
入会方法 自動車保険の特約として加入

わたしが加入しているSBI損保にも個人賠償責任保険がありました。

契約中でもマイページから特約で追加契約ができます。

マイページへログインする

チューリッヒの特約

チューリッヒ
月額料金 契約者による
対象になる人 加入者本人・配偶者・子供
補償額 最大1億円
示談交渉サービス あり
入会方法 自動車保険の特約として加入

チューリッヒの個人賠償責任保険は補償額が3000万、5000万、1億円から選べるのが特徴です。

↓申し込みはこちら↓
チューリッヒに申し込む

まとめ

個人賠償責任保険は、月々140円からの掛け金で、いざとなったときに補償してくれるので安心

子供の医療保険よりも個人賠償責任保険のほうが重要です。

子供の医療保険に加入しない方や、自動車保険は見直す可能性のある方はクレジットカードに付帯するのがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です