低収入の旦那と結婚して学んだ事!やりくりする為に家計管理は必須

今では世帯年収500万円貯金も170万円達成することができましたが

数年前までは貯金ができずに世帯年収400万から世帯年収250万になったことがあります。

わたしが働けなかったので旦那の給料のみで世帯年収250万の生活を5年間続け、その間に夫婦二人から家族4人の生活になりました。

年収250万と言われてもピンと来ないかもしれませんが、手取りで毎月17万円前後です。

みつ子

お金だけが幸せじゃない

と思っていましたが実際にはお金も心も余裕のない生活を送っていました。

実際に低収入の旦那と結婚し世帯年収400万から世帯年収年収250万になった経験で学んだ事と

実際に低収入でもできる、日々やりくりするために実践ことをご紹介

特にこれから低収入の旦那と結婚する方へも参考になればと思います。

低収入って言うけどどこからが低収入?

低所得の定義ですが、厚生労働省の資料から読み解くと、住民税非課税世帯を低所得と定義しています。これは、住民税非課税世帯に対して、社会保障制度で対策をしていることからわかります。

「住民税非課税世帯の所得はいくらなのか?」ですが、税引き前の年収で、

  • 独身の会社員の場合は、税引き前の年収100万円以下
  • 会社員(妻+子1)の場合は、税引き前の年収205万円以下
  • 会社員(妻+子2)の場合は、税引き前の年収255万円以下

※妻は専業主婦、子供は扶養義務がある年齢年収の税引き前というのは、所得控除前の金額

出典:低所得はいくらか?具体的な数字から解説

 

我が家は一度だけ世帯年収200万で住民税が非課税になったこともあるので低収入ですよね。

世間では年収300万以下が低収入だと言われていますがハッキリとした基準はありません。

ただ、わたしも年収300万以下で家族4人以上なら必要最低限の生活はできるけどやりたいことはできないことが多いから低収入だと思ってます。

この記事では、家族4人で年収300万以下を基準にお話ししてきます。

お金の使い方が分からなくなる

お金と相談しながら選択することは低収入に限った話ではありませんが

低収入の場合は他の人より贅沢はもちろん、やりたいことは何でもお金と相談しながら選択をしないといけません。

我が家の場合、低収入時代に旦那が大型トラックの免許を取りたいといいだ喧嘩になったことがありました。

もしかしてケチって言われてない?ケチにならない為に気をつける4つのポイント

結果、大型トラックの免許を取得し我が家の低収入を救ってくれたきっかけにもなったのでよかったのですが

この選択がいいのか悪いのかは後になってみないと分かりません。

今なら免許など将来の投資になるものには積極的にお金をだしたいと思っていますが

当時はとにかく支出を減らすことばかり考えていたのでお金の使い方が分かっていませんでした。

みつ子

時にお金が原因で旦那と喧嘩したり自分がやりたいことを諦めないといけないことも・・・

共働きで世帯年収を増やし貯金をする

やっぱり低収入の旦那の結婚し子供を授かる場合は、共働きは必須です。

夫婦二人の暮らしなら旦那の年収が250万円でも共働きだと苦労せず普通に生活はできるし、ちょっとした贅沢だってできます。

しかし子供を授かった場合、一時的にも妻が働けない時期はどうしてもあるので

それまでに共働きで貯金をしておかないと余裕のない生活を送ることになります。

旦那の給料のみで生活できるのか?

妻が妊娠をして働けない時期に、旦那の給料のみで生活できるかどうかが重要です。

普段から旦那の給料のみで生活するように心がけ、妻の給料はないものとして貯金しておけば

妻が働けなくなってもなんとかなり不安もなくなります。

しかし低収入だとこれが結構難しいんですよね。

我が家は貯金ゼロで結婚し夫婦二人の給料を基準に生活していたので

生活レベルを下げるためにとても苦労しました。

貯金ゼロで年収250万の旦那と結婚

わたしは元々貯金体質だったはずなのに、浪費家旦那と付き合ってから金銭感覚が狂ってしまい、なんと貯金ゼロに。

なのに、旦那と結婚しフルローンで350万円の新車を購入

もちろん世帯年収450万円が続くと思いローンをくんでいるので

毎月33500円のボーナス時期は8万円の支払いがスタート

それもで、わたしがまだ働いていることもあり危機感なんてありません。

将来のライフプランなんて簡単に崩れる

妊娠しても出産ギリギリまで働くつもりでいたし

なんとなくやけど将来のライフプランは経てているつもりで大丈夫だと思ってました。

みつ子

もはやこの自信はどこから来るのか分からないw

しかし、結婚してわずか数ヶ月後に妊娠したのをきっかけにわたしが会社を退職せざる終えない状況となり旦那の年収250万円での生活がスタート

数ヶ月前に結婚した時にいただいたお祝い金があったのを貯金していたのが唯一の救いでした。

今までなんとなく家計簿はつけたことがあったけど続かず家計簿をつける意味さえ分かっていませんでした。

しかし、さすがに毎月17万円で生活するとなると、生活どころか支払いさえできなくなってしまう可能性があるので

本気で家計管理を始めることを決意。

みつ子

過去の自分に言いたい。もっと早く決意しろ!
学んだこと
  • 家計管理は早いうちからしておく
  • ローンは計画的にくむ

低収入でやりくりする為に固定費の削減と生活費の見直しは必須

今まで、家賃3万円の社宅に住んでいましたが、広さは1K。

家賃3万円でも安いですがそれすら高いと思い始め、市営住宅に申し込みをし引越し。

3Kの家賃18000円になりました。

当時は格安スマホの存在を知らなかったので、支出の見直しは家賃が変わっただけです。

今ではたくさんの固定費削減術があるので知らないって損だと学びました。

しかし支出の見直しはしたもののやはり今までの生活を変えないといけない状態だったので

初めての節約生活をすることに。

節約と言っても、過度な節約はせずに必要最低限にするよう心がけました。

学んだこと
  • 無知だと損する
  • 今では格安スマホに乗り換え、生命保険の見直し、電力の自由化で固定費の節約はできる
  • 固定費の節約だけじゃなく食費や生活費も収入に合わせないといけない

貯金できない時期は必ずある

貯金できないどころか友達の結婚式が経て続き、貯金崩しの生活です。

出産してからは節約のためにも母乳で頑張っていましたが、途中で断念

ミルクに変えてからはミルク代もかかる中、母乳をもう少し頑張ればよかったという罪悪感でいっぱいでした。

当時は初めての育児にも追われ、貯金がどんどん減っていく不安にかられ

心にも余裕のない生活を送っていました。

しかし今思えば低収入なら貯金ができない時期は誰にでもあること。

焦らないことも大事です。

学んだこと
  • お金の余裕は心の余裕
  • 貯金は大切

妻が働く場所はよく考える

わたしは働く気ではいたので、娘が6ヶ月になった頃保育園の申し込みをしました。

しかし当時は待機児童も多く、保育園には入所できず一時保育に預けながら

週3日パートで働き、休みの日は娘と一緒にすごす生活を半年続けました。

一時保育では1日2000円だったので、保育園に入所するよりも我が家にとっては高い保育料でしたが

それでも家計にはプラスになるので保育園に入所できるまでは一時保育に預け、プラスになった分はきちんと貯金をしていました。

半年後、やっと保育園に入所できると連絡がきたので入所準備をしている最中に第2子の妊娠が発覚

当時パートで働いていた仕事がパチンコ屋だったので、すぐに退職。

第2子の妊娠は嬉しい出来事ではありますが、また振り出しに戻ってしまいました。

第1子の妊娠で自分が働きたくても予定通りにいかないことがあることは分かっていたはずなのに

目先のことしか考えずにただ時給がいい場所で働いて妊娠中に仕事ができない場所を選んだわたし

この時ばかりは反省しました。

学んだこと
  • 妻が働く場所はよく考える
  • 目先のことにとらわれない
  • 働ける間に貯金をしておく

低収入で5年間過ごした結果

我が家の場合、結果的には低収入時代に取得した大型トラックのおかげで運送業に転職をして低収入から脱しました。

あまりにも生活ができない場合は転職したり、副業などで収入を増やす努力をしたほうが早いです。

お金がないことで喧嘩が増えたともありました。

旦那が節約に協力せずに自分だけが節約生活していてバカらしくなり泣いたこともありました。

しかし、今ではこの経験があってか収入があがってか旦那の収入のみで生活するように心がけるようになり

この経験のおかげで貯金ができるようになっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です