新節約術の「ポイ活完全ガイド」>>

旦那の年収250万!家族4人で生活する為に必死だった家計管理の奮闘記

我が家は結婚してすぐに妊娠してから、わたしが働けなくなった事で旦那の給料、年収250万円のみで生活しないといけなくなりました。

元々世帯年収450万円あったので、結婚した当初は

みつ子

妊娠してもギリギリまで働くし、それまでに貯金すればなんとかなるよね

と、まぁ甘く考えていました。

しかし、そんな甘いライフプランも虚しく、早々と旦那の給料のみで生活することとなりました。

当時のわたしは生活できるか不安で、泣いちゃってましたけど

低収入になったんだから言い訳なんてしていられません。

正直「なんとかなる」精神でやってきました。

とは言え、生活するためには明らかに今までの生活ではお金が持ちません。

当時の家計簿が奇跡的に残っていたので、それを元に我が家が世帯年収250万円で

  • どんな生活をしていたか?
  • 生活する為にした節約方法
  • 節約に協力してくれない旦那を言いくるめた方法w

をご紹介

世帯年収450万円から250万円に収入が激減!

元々は夫婦で世帯年収450万円で生活していましたが、いつかは貯金できると思いつつ貯金できないまま結婚

この時、特に不安はなく「結婚しても子供が生まれるまではわたしも働くし、その間に貯金すればなんとかなるし」と思っていましたが

時すでに遅し

わたしが妊娠を機に会社を辞めざるおえない状況になったので

早々と世帯年収250万円の旦那の給料のみで生活することになりました。

いつかは貯金出来るの根拠はないw

元々独身の時は1年間貯めたお金を使って、またお金を貯めての繰り返しだったから、自分では貯金できるタイプだと思ってたけど

更に結婚して妊娠が分かる前に新車で350万円の車をローンで購入していましたw

もちろんわたしが働いている前提でローンをくんでいるので、これは本当に後悔

年収250万円の手取りはいくら?

家計簿を公開する前に、まず年収250万円っていくらもらえるのか?と思いますよね。

手取りにするとボーナスなしで、大体17万円前後です。

住民税はいくら?非課税世帯になる?

住民税は家族構成や地域によって変わるので一概に非課税になるとは言えません。

我が家の場合、子供が1人いた時は旦那の年収が233万円でしたが、住民税は年間で38100円かかっています。

年収250万円の住民税

しかし翌年に二人目が生まれ年収が265万円になりましたが

住民税は均等割りと所得割しかかからず住民税は年間で5500円でした。

世帯年収300万円の住民税

年収が上がっているのに住民税が下がっていたので間違っていないか税務署に問い合わせたほどですがw

「家族構成などで変わるので間違っていない」とのことでした。

年収250万円で夫婦+子供二人の家計簿

当時は待機児童だったので、わたしは専業主婦で、0歳児と2歳児の子育てをしていました。

項目金額
家賃(市営住宅)13600円
生命保険(夫婦)9692円
食費20000円
生活費(ミルク・オムツ代込み)40000円
小遣い(旦那のみ)20000円
車ローン33500円
電気3000円
ガス4000円
スマホ17977円
学資保険14316円
合計176085円

赤字家計で貯金は切り崩し

支出は17万円を超えているので毎月赤字。

ただ児童手当を学資保険代にあてていたので、残りを赤字分に補填していたりしましたが

臨時出費などは常に貯金を切り崩していました。

ちなみに貯金ができずに結婚したわたしたちですが、結婚祝いに貰った両親からのお祝い金が幸いにもあり

そのお金を切り崩しながら生活していました。

みつ子

結婚祝いに貰ったお金を、こんなにも早く、しかも生活費の為に切り崩すとは思ってなかったけど・・・

我が家は貯金を崩しながらやっていて最終的に70万円を崩すこととなりました。

年収250万円ってどんな生活?

我が家の場合、世帯年収450万円から250万円になってしまったので、色々と苦労しました。

お金を使うときは常に財布と相談

使えるお金が限られているので、普通の人よりもとにかくお金の使い方は意識して考えていました。

欲しいかではなく、本当に必要か?で考え

必要な物でも、値段を調べてから同じ物でも安いところで買うようにしました。

でも人間ですから、いくら使えるお金がないと分かっていても時には必要か?の感情で買えないこともありました。

しかし、この経験は本当によかったと思っていて

収入が増えてもその分お金を使っていてはお金が貯まりません。

その基本を身につけられたおかげで、今でもこの時の習慣は根付いていて

世帯年収500万円になっても年間170万円を貯めることができました!

最初はとにかく支出しないことを意識していたのでケチと思われないか不安になったことがありましたが

使うとこと使わないとこのメリハリをつけることが大事です。

節約とケチの違いはお金の使い方で決まる!賢い節約主婦を目指そう」でケチと思われないように意識したお金の使い方を紹介しています。

外食は誕生日の時だけ!

元々外食好きの夫婦で、ことあるごとに外食へ行っていましたが明らかにお金が持たないので

誕生日の時と結婚祝いの時くらいに外食をするようになりました。

友達との付き合いは頻度を考える

友達家族と集まることも多かったので、その時はさすがにレジャー費として支出していましたが

行く頻度も考えるように・・・

わたしたちの金銭事情を知っている友達家族もいたので、その友達とは宅のみで付き合ってくれたりもしていました。

リアルな友達に金銭事情を知られるのは辛いと思ってましたが、うちは市営住宅に住んでいたので大体皆さん察してくれますw

それが最初は恥ずかしかったですが、その分貯金を頑張ろうと思えるきっかけにもなりました。

まだこの時点では貯金崩していたんですけどねw

節約生活は当たり前!

低収入なので、固定費の削減をしても追いつかない部分はあり、節約生活は当たり前です。

元々節約生活なんてしていなかったので、生活がきついというより慣れない節約生活が最初はきつかったです。

でも慣れてしまえばこれが当たり前になり今までいかに贅沢していたかが分かります。

この時の生活が世帯年収500万円になっても生活レベルをあまり変えることなく

年間170万円の貯金に成功した秘訣でもあります。

他にもお金がなくて困ったことはありますがきついと思うのは慣れていない最初だけです。

>>貯金の大切さが分かった低収入時代の悲劇!お金に困る生活はもう嫌だ

不安を解消するためには行動するしかない

しかし本当に世帯年収250万円でやりくりできるかどうか不安ですよね。

でも不安を解消するためには行動するしかありません。

何事もそうですが行動しないと何もかわりません。

やれるかどうかじゃなくて、やるかやらないかです。

ここで行動しなければ現状維持どころかもっと最悪な結末が待っているかもしれません。

でも・・・、だって・・・、どうせ・・・

こんな言葉は必要ありません。

実際にわたしが世帯年収250万円になってやった行動を具体的に紹介していきます。

どんな節約をしていた?

赤字家計でしたが、世帯年収250万円になった当時はもっと支出が多かったので

これでも貯金を少しでも崩さないように努力をしできる限りの節約をしました!

家計の見直し|生活レベルを下げる為に予算を下げた

やっぱり最初は世帯年収450万円で生活していた浪費癖があったので

生活レベルを下げる為に、食費・生活費の予算を大幅に下げました。

項目変更前変更後
食費60000円(外食込み)20000円
生活費60000円40000円
小遣い(夫婦)60000円20000円
合計180000円80000円

元々夫婦二人なのに、本当贅沢な生活をしてました。

みつ子

これでもお金が足りないと思ってましたからね~怖いよw

外食も辞めて、旦那の小遣いを1万円下げてわたしの小遣いはなしにしました。

子供が産まれたから生活費はそんなに下げれなかったけど

食費を予算内に抑えるために買い物の仕方を変えたりして

極力無理がないようにやりくりをしこれだけで10万円の削減ができました。

>>家族4人の食費はいくら?家計を圧迫しない予算の立て方とやりくりする3つのコツ!

固定費を削減する為に市営住宅に引っ越した

さすがに低収入なので、生活費や食費の予算を下げても

まだまだ赤字なので、なんとか削れるところがなかを考えたところ

無理なく削るには固定費の削減だと思い、早速削れるところを探しました。

今では固定費の削減は当たり前になっていますが、当時は気づきもせず

みつ子

無知って怖いなぁ~

と今になって実感してます。

しかし、今まで貯金が出来なかった方が固定費を削減しても、そのぶんを生活費に使ってしまうこともあるので

  1. 先に固定費の削減
  2. 食費・生活費の見直し

をすることがおすすめです!

子供が産まれるので、今まで住んでいた家賃3万円の1Kでは、厳しいと思い引越しを考えました。

「部屋が広くなってもいかに家賃を抑えられるか」を重視した結果、市営住宅に引越しをすることに!

 

市営住宅とは?

  • 市が経営しているアパート
  • 年収・家族構成によって家賃が変わる
  • 独身者は入居できない

市営住宅の最大のメリットは、年収・家族構成によって家賃が変わることです!

住む場所によっても収入の上限や最低家賃は変わりますが

年収300万円以下であれば、普通に入居できると思います。

 

収入が上がると家賃も上がりますが、場合によっては「退去してください」と通告がくることもあります。

最低家賃はわたしの地域の場合「9800円から最大30000円」くらいです。

外観や内装は確かに劣るけど、立地だけはいいところを探し

なんとか3Kで家賃13600円の市営住宅へ引っ越しすることに!

みつ子

部屋は広くなったのに、家賃は半分以下になりました!

ちなみに旦那の年収が400万円になったときは、通告も来ず、家賃は4000円あがったくらいです。

子供が産まれる前で荷物は少なかったので、友達に協力してもらいなんとか無事に引越しも終えることができました。

年収300万円以下であれば、市営住宅を検討することもおすすめです!

ポイントを活用しまくった

今では「ポイ活」という言葉があるくらい、ポイントを普段の買い物に活用したりすることは浸透していますが

当時のわたしは「ポイント=おまけ」のような感じで端数を使えればいいなぁくらいでした。

しかし楽天ポイントを始めさまざまなポイントが普段の生活に使えることを知り

早速2013年に楽天カードを発行して、楽天ポイントを貯めまくり

生活費に活用しながら、やりくりしていました。

>>節約主婦におすすめ!楽天カードで楽天ポイントをザクザク貯める8つの方法

セールを上手く利用した

元々セールが好きだったのもありましたが、年収250万円の生活ではセールをいかに上手く利用できるかを重視して参戦。

買う物は予め決めて、予算オーバーするものは買わない

を徹底し、必要なものだけを安く買うようにしました。

子供の服はサイズアウトするのが早いので、今年の夏のセールはワンサイズ上を購入し来年用に買ったり

わたしの服は気回しが出来そうな服をセールで買うようにしていました。

今でもセールは活用していますが、やたらむやみに参戦しないことを心がけてます。

最近娘の好みが強くなってるので、娘の服を来年用に買うのは、そろそろ厳しいかなと思ってますw

なのに何で赤字家計だった?

赤字家計だった一番の要因は車のローンとスマホ代です。

この2つが主に家計を圧迫していた原因でした。

なのに、何故車とスマホは見直しをしなかったのか・・・

車を手放せなかった

家族で出かけるにはやはり車があったほうが便利だということもありましたが

旦那の通勤に車が必要だったので、手放せませんでした。

新車で買ってしまったものだから、一度売却して、軽自動車に買い換えようと考えたこともありましたが

売却してもプラスにはならず、軽自動車を買うにはローンを組まないといけません。

そんなことを考えているうちに、子供が産まれ、なおさら手放せなくなってしまいました。

そもそも「最初から新車で買わずに中古で買えばよかった」という身の丈にあったお金の使い方をしていない過去のつけです。

大金を出すのに、そもそも最初から深く考えずに買ってしまいました。

今になってはあの時手放さずによかったと思っていて、我が家の生活に凄く役立っているので

この教訓を生かし、大きな物を買うときは考えて買うようにしています。

格安スマホの存在を知らなかった

2012年から年収250万円で生活していましたが、当時は格安スマホの存在すら知らず

2017年に格安スマホの存在をしりました。

しかし2012年にはイオンから格安スマホが発売されています。

参考 格安SIMの歴史はじめてのスマホ

これは、確実にお金の知識や情報に無知だったわたしの原因です。

実は、節約生活をするためのことは調べたのに、固定費を安くすることについてはほとんど調べていませんでした。

というか、固定費って当たり前に払っているものだからスマホ代も特に気にしてなかったんですよね。

みつ子

あ~無知って怖いです。

それからは、お金の知識や情報はチェックするようにしていて、分からなければ自分で調べる癖をつけています。

今では格安SIMへ乗り換えして年間14万円の節約に成功しています。

普段から旦那の給料のみで生活しておくべき

旦那が収入が低い場合は、普段から旦那の給料に合わせて生活をすることで

妻が妊娠して仕事を辞めたり育休中でも、焦らずにすごすことが出来ます。

これから子供を生むことを考えているなら尚更、旦那の給料のみで生活するように

家計の見直しをしましょう。

一番大事なのは旦那の協力

いくら私が節約生活を頑張っていても旦那が協力してくれないと節約したお金は水の泡

何の為に節約しているか分からなくなります。

一番大事なのは旦那も協力することです。

節約に協力してくれない旦那にはメリットを教える

我が家も最初は旦那が協力的ではなく、何の為にやっているか分からず泣いた日々もありました。

しかし旦那自身も自分の収入が少ないのは承知の上だったので「給料が少ないからやっていけない」ということは絶対に言いませんでした。

逆に将来マイホームが欲しいからこれくらい貯金が必要なんだ!ということは、常に言っていました。

みつ子

いわゆる遠まわしに節約に協力してと訴えかけるパターンですw

そうすると旦那もマイホームが欲しいといいだし、マイホーム購入が夫婦共通の夢になり、そこから旦那も協力的に!

更にポイントを小馬鹿にしていた旦那に

こんなことをしていると、旦那もポイントは馬鹿にできないと言いだし

積極的にポイントを貯めてくれるようになりました!

協力してくれない旦那には

  • 節約に協力してくれたら貯金をするからマイホームを頑張って買おう!!!
  • ポイントでタバコやビールが買えるからポイントを貯めよう!!!

と、節約に協力してくれたらこんなメリットがあることを伝えることが一番効果があります。

まとめ

年収250万円で家族4人の生活は赤字でしたが、赤字家計にならないためには、知恵を振り絞り工夫が必要です。

そのため、やれるかどうかは自分次第で、最後に一番大事なのが旦那の協力です。

2018年からは、我が家もまた年収300万円前後になりそうなので

この経験を生かし、まだまだやりくりを頑張っていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です