新節約術の「ポイ活完全ガイド」>>

生命保険を見直して保険料の節約に成功!低収入こそ安くても保障内容は手厚さ重視

貯金するなら固定費の見直しが何よりも最優先で「生命保険」は、見直しすれば節約効果は抜群です。

生命保険はお守りの1つなので、同じ保障内容なら安いに越した事はありません。

我が家も今までは義母から紹介されたところで、旦那の医療保険+死亡保険で毎月10000円前後払っていましたが

正直保障内容も分かってなくて実際に旦那が入院した時に、これくらいもらえるんだと認識したくらい無知でした。

実は、生命保険って人生で番目に高い買い物って知っていましたか?

仮に20歳の男性が年間38万円(毎月31000円前後)の保険料を65歳まで払い続けると

38万円×45年間=1710万円

中古のマンションが買える金額になります。

そこで、保険の無料相談ができるFPに依頼をし、生命保険の見直しをしてもらいました。

我が家の生命保険は夫婦あわせて4つも加入しているのに1万円未満!

我が家の生命保険は夫婦合わせて4つの保険に加入していますが、毎月1万円未満と凄く安いほうだと自負しています。

県民共済は毎月安いけど60歳を超えると保障は手薄くなるしと思い、無料で生命保険の相談をしたところ見直しに大成功!

  • 旦那:医療保険、収入保障保険、がん保険
  • わたし:医療保険

あわせて毎月9692円です。旦那だけで3つの保険に加入してるのに安いなら保障は手薄じゃないの?

と思うかもしれませんが、安さの次に重視していたのが、保障の手厚さだったので

わたしが出せる生命保険の金額内で、なおかつその範囲内で保障を手厚くできるかどうかを依頼しました。

毎月の生命保険料と保障内容を見直し前と後で比較

我が家は低収入だったので、優先順位的には

  1. 保険料の安さ
  2. 保障の手厚さ

でした。

みつ子

保障を手厚くしたら保険料が高くなるんじゃない?

と思われがちですが、我が家は実際に保険料を抑えながら全体で保障も手厚くなっています。

最終的には今まで加入していなかったがん保険も加入しましたが

保障内容 見直し前 見直し後
医療保険 2535円 3932円
収入保障保険(死亡保険) 6871円 1671円
がん保険 なし 1943円
合計 9406円 7546円

見直し後は1860円も安くなりました!

しかし、ただ安くなっただけではなく保障も手厚くなっています。

旦那の医療保険はメットライフ生命

以前、加入していた旦那の医療保険は、結婚前に義母が契約していたのをそのまま引き継ぎましたが

旦那が入院+手術したこともあり、もう少し医療保険は手厚くしたいと思ってました。

そこで、見直しをした時に入院した時におりる1日の金額を10000円にしてメットライフ生命へ加入

保障内容 以前加入していた保険 現在加入している保険
入院日額 5000円 10000円
手術一時金 100000円 200000円
日帰り手術 30000円 50000円
通院保障 なし 1日5000円
月額保険料 2535円 3932円

月額の保険料は1400円高くなったんですが、保障内容も手厚くなり我が家は医療保険に助けられているので安心です。

ちなみに、旦那が過去に3回の入院と手術をしていることを伝えましたが

完治しているのと年数が経っていることもあり契約することができました。

そういったこともFPさんが調べてくれるので安心して乗り換えることができます。

旦那の死亡保険は収入保障保険へ変更

以前は貯蓄型の死亡保険に入っていましたが毎月の保険料が高く

生命保険に貯蓄は求めていなかったので

こちらも見直しをし収入保障保険に変更しました。

収入保障保険っていうのがあることすら知らず、保険の相談をした時にFPさんから教えていただきました。

収入保障とは?

契約者が亡くなった時に、保険金を一括の支払いでなく、月額でもらう保険で

死亡保険との違いは、

  • 亡くなった時期によって受け取れる保険金額が変わる
  • 死亡保険より保険料が安い

詳細はこちら:収入保障保険とは?

保障内容 以前契約していた死亡保険 現在加入している収入保障保険
 死亡保険金  一括2000万円  最高総額2640万で月額13万円
 月額保険料 6871円  1671円

保障も手厚くなっている上に保険料はなんと、半分以下になり約5000円も節約できました。

この保険は10年後にまた見直す予定です。

低収入こそ生命保険は安く保障は手厚くしたい!

見直しすれば、保険料は安くなり更に保障内容も手厚くなる場合があることが分かりました。

ここで終われば、我が家は生命保険の節約に成功していますが

うちの旦那は過去に2回も入院+手術をしており(皮膚の病気)

完治はしているものの、悪化した場合は最悪がんになるケースもあると言われたこともあったので

低収入の我が家は旦那に万が一の事があった時、やりくりできるのか不安でした。

そういったこともあり、我が家には生命保険に加入しない選択肢はなく

同じ保険料を払うなら保障内容は少し手厚くしたいと思っていたこともあり

前から考えていた旦那のがん保険に加入することにしました。

旦那のがん保険はチューリッヒ生命

いつかは入らないといけないなと思いながらもどれがいいか分からなかったので放置していましたが

FPさんに相談をしチューリッヒ生命のがん保険に加入

保険料は月額1943円

支払いが増えましたが、まだ医療保険+死亡保険に加入していた見直し前の頃よりも保険料は安いままです。

保険料は安くなったのに保障内容は手厚くなった理由

今まで旦那の医療保険+死亡保険だけで9406円払っていたのが、がん保険もプラスされて7546円になりました。

保険料は安くなった上に保障内容も手厚く出来たのは、保険の無料相談に依頼した他ありません。

元々加入していた保険会社で最初は見直しする予定でしたが、提示された金額がかなり高く

保障も手厚くなったのか、よく分かりませんでした。

しかし生命保険のFPは、取り扱っている保険会社も多く

我が家の条件である保険料の安さ+その範囲内での保障の手厚さを中立な立場で提案してくれました。

たったの1800円くらいしか安くなってないと思われがちです、年間2万円の節約に成功

旦那が65歳になるまで払い続けることを考えると約89万円の節約に成功しています。

みつ子

ちりも積もれば山となりますね。

毎月保険料が高いな~と感じているなら生命保険の見直しをおすすめします!

無料でFPさんに保険の相談をする場合

  • 来店型:自分がお店に行って相談を受ける
  • 訪問型:家や近くのカフェで相談を受ける

2つの種類があります。

子供がいるなら自宅に来てくれる訪問型がおすすめ

わたしが生命保険の見直しをした時は、子供が産まれたばかりだったので自宅にきてくれる訪問型を選びました。

自宅に来てくれたのでお茶などは出しましたが、子供が産まれたばかりで出かけるのもままならない状態であれば自宅に来てくれる訪問型がおすすめです。

わたしは数年前に生命保険の見直しをした時に、田舎で対応していない地域が多い中

保険マンモスだけが、田舎の我が家にも対応していました。

更に自分たちの収入と支出状況に合った保険を提案してくれるので、そこが我が家が保障内容も手厚く保険料も抑えられた秘訣でもあります。

↓保険マンモスで見直しはこちら↓

保険の無料相談なら保険マンモス

[afbtn class=”cubic1 red-bc shadow wd100″]節約主婦の味方!保険マンモス[/afbtn]

ただし訪問型のデメリットは、自宅に印鑑がある為、ついつい押されて本来契約する必要のなかったものまで契約してしまう可能性があることです。

そんな方は、自分で行く来店型がおすすめです。

自分で来店する来店型の無料相談

来店型の無料相談は、自分でお店に行って相談しますが、今では保険ショップも増えているので近くで見たこともある方は多いのではないでしょうか。

来店型の場合は、自分で保険証券を持参しないといけないデメリットがありますが、印鑑は「自分が本当に契約する!」という時だけ持って行けばいいので、押しに弱い方でも大丈夫です。

うちの母親はスーパーの中にある来店型の無料相談へ買い物ついでに行ったので、手軽に相談ができて喜んでいました。

しかし、いきなり来店すると先約がいて見てもらえないこともあるので、近くの保険ショップを探して予約をしていくのがおすすめ!

まとめ

やはり低収入の方にとっては人生で2番目に高い生命保険料が家計を圧迫している方も多く

みつ子

見直しすれば安くなるし保障内容も手厚くなる場合があるのになぁ

と、よそ様の家計簿を見てもったいなく思っています。

当たり前に払っている生命保険かもしれませんが、人生で2番目に高い買い物です。

よく考えてから支払いすることで、万が一の時にも備えることができ今の家計も圧迫せずにすむので無料相談することがおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です