特別費の予算は決めてる?世帯年収500万円の特別費の内訳と貯め方

毎月の固定費や食生活費に加え毎月の支出ではないけれど、年間を通して支出するものを我が家では特別費と呼んでいます。

例えば

  • 誕生日
  • 車の税金
  • 車の保険
  • 車検 etc…

などを、主に特別費に入れてます。

前もってわかっている出費ではありますが、いざ支払いが来ると痛い出費です。

みつ子
どうせ、年間の支出として分かっているなら最初からその為に貯金すればいいやん!

と思ったことがきっかけで特別費を設けましたが、特別費を設けたことで意外と貯金がはかどることが分かりました!

今回は、我が家の特別費の決め方と世帯年収500万円の特別費の内訳を公開すると共に

特別費を決めてよかった2つのことをご紹介

年間の特別費がどれくらいかかるのかを知る

年間を通して全ての特別費にどれくらいかかるか知っていますか?

その年に出る特別費って大体決まってますよね。

誰かの誕生日だったり、車の維持費だったり。

 

あなたの特別費がいくらかかるかを洗い出すためには、何を特別費にするかの基準をまず決めます。

特別費の項目を決める

我が家では毎月決まった支出があるかどうかで決めてます。我が家の特別費の項目は

  • 誕生日、お年玉、お祝い
  • 父の日、母の日
  • 車検
  • 車の税金
  • 車の保険
  • レジャー費

これらを特別費に入れています。

項目ごとの予算決め

特別費の項目が決まれば続いては、項目の予算決めです。

世帯年収500万円の特別費予算

項目 内訳 内訳金額
誕生日・お年玉 両家の親と祖母(4人) 5000円×4人
両家の兄弟(2人) 10000円×2人
旦那とわたし 10000円×2人
娘と息子 5000円×2人
わたしの妹お年玉 10000円
父の日・母の日 両家親 3000円×3人
敬老の日 1000円
車関係 車保険(車両保険なし) 36500円
車税金 33500円
車検(2年かけて10万積立) 50000円
 レジャー費  年間のレジャー費 90000円

 

お祝いについては、予測できるものは、その年に合わせて予算をとってます。

レジャー費は基本、毎月の食生活費から支出しますが、旅行やイベントが重なったときの予備費。

レジャー以外にもサイズアウトした子ども服をまとめて買ったりしてます。

年間の予算を出す

項目ごとの予算決めが決まればあとは、年間いくら必要なのか予算を出します。

予算決めをもとに我が家が出した特別費予算は

特別費項目 予算
誕生日・お年玉・お祝い ¥80,000
父の日・母の日 ¥10,000
車検  ¥50,000
車の税金  ¥33,500
車の保険 ¥36,500
レジャー費  ¥90,000
合計 ¥300,000 

 

我が家では足りなくなることが嫌なので予算は気持ち多めにとってます。

これで、年間の特別費予算をだしたところで、次の課題は特別費予算をどこから出す?問題です。

特別費の貯め方

我が家の場合、先ほど出した予算を元に特別費を年間30万円貯めないといけません。

普通だったらこの金額ならさらーっとボーナス一括で貯めれるんでしょうけど、我が家のボーナスは寸志と書いた封筒にボーナスを渡されますw

その為、とてもじゃないけどボーナスから特別費を捻出できるような金額はないので、大人しく、コツコツ毎月の給料から積み立てます。

毎月の積み立て額を計算

単純計算で

年間特別費÷12ヶ月=1ヶ月の積立金額

これにあてはめて毎月の積立金額を計算します。

あなたの積立金額はいくら?

年間の特別費予算を入れると自動で毎月の積立金額がだせます。

積立金額をメールで送ることも出来るのでぜひ計算してみてください。

※わたしにメールアドレスや計算結果は分からないのでご安心を

  • 年間特別費の金額を入力してね!
    ※端数は四捨五入されます。
  • 結果をあなたのメールに送ることが出来るよ!

ちなみに我が家は年間特別費予算が30万なので、毎月25000円をコツコツ積立してます。

来年の特別費を今から積み立て

来年の予算を予め今年が始まる前に決め今年中に来年使うべき特別費を既に貯め終えます。

来年2018年の予備貯金は2016年までに予算決めをして2017年のうちに貯め終える!

こんな感じです。

最初のうちは、少しからでもいいので特別費の為に貯金をしていくことがオススメ。

特別費を設ける余裕がない場合

もし、今特別費を貯める余裕がないと思っている方は一度、固定費の見直しをしてみてください。

 

毎回ボーナスが期待出来るかたは、ボーナスから特別費を捻出しても、いいと思います。

特別費は貯金じゃない

特別費はいずれ使うお金なので、どんなにマイホーム貯金が出来なくても

特別費だけは毎月積み立てていて、ある意味固定費として支出します。

わたしの家計簿上は予備貯金という名目でつけてますが、予備貯金だけは必ず貯めてます。

予算として貯めたものが余れば来年度へ繰越か少し贅沢w

特別費を決めてよかった2つのこと

特別費を決めて貯金していくことで、貯金がはかどるようになりました。

貯金のモチベーションが下がらない

お金が中々貯まらないって思っている人は、きっと貯金口座までは入れるけど

急に足りなくなったりして引き出すの繰り返しで貯まらないことが多いと思います。

わたしも、特別費を決めていなかった時はその度に支出していたので、その月は貯金が出来ないこともあったし

足りなければ貯金からおろすこともありました。

そんな時

みつ子
>今月くらい貯金使っちゃってもいいよね?

という気持ちになり歯止めがきかなくなることもありました。

ただでさえ貯金している時って、せっかく貯めたお金をおろしたくないし、貯金が出来なければ焦りを感じてしまいます。

しかし、特別費を設けたことでよっぽどの臨時出費がないかぎり貯金をおろすことがなくなった

貯金へのモチベーションは、この理由で下がることはなくなりました。

貯めることで貯金が習慣化された

貯金をしたことがない人は、そもそも、どうやって貯めていけばいいのか分かりません。

そして、目標がなければ尚更貯まりません。

わたしも最初は貯金が中々出来ませんでした。

でも、特別費という目標を決め、毎月積み立てていくことで、貯金が習慣化されます。

人は慣れに強く特別費が貯めれるようになれば、名目を変え同じように貯金をしていけばいいだけ。

ボーナスから貯金するよりも、毎月の給料から貯金していく方が尚更、習慣化されやすいです。

わたしも、特別費を設けたことで貯金が習慣化され今ではマイホーム貯金として特別費以外にも貯金しています。

貯金が続かない人・できない人こそ特別費を決めて

貯金に大事なのは、仕組み作りとモチベーション

特別費を設けることで

  • 特別費を決めることで貯金が習慣化されるので貯金が出来るようになる
  • 特別費を貯めているので、貯金口座からおろす必要がない為、モチベーションが下がらない

仕組みつくりとモチベーション作りの2つが一緒に出来るので

貯金が続かない・出来ないと悩んでいる人こそ特別費を設けることをオススメ!

 

参加中です。応援よろしくお願いします

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です