貯金の大切さを身にしみた世帯年収450万から250万へ転落

年収が下がるなんて考えたことありますか?

普通は、上を目指して頑張るわけだから考えたこともないですよね。

安定した人生はつまらないんじゃなくて怖い」でも少し触れましたが

安定を求めるわたしにとっては、年収が下がるということは、どうしても避けたいところ。

しかし、明日は我が身。

我が家も実際に年収が下がった経験をしました。

当時、周りから見れば普通に生活が出来ていたと思いますが、実際はお金も心も余裕のない生活

子どもが小さかったのが、まだ救いだったかもしれません。

我が家の場合、年収が下がることは予測がついていたのにも関わらず

先を見据えて行動が出来なかったことが原因で余裕のない生活を送ることとなりました。

今回は、我が家が実際に経験した転落の経緯と、当時の生活や家計の変化そして、心境を紹介すると共に

もし、今旦那さんの年収が下がりそう、もしくは下がったりして悩んでいる方へ伝えたいことがあります。

※5000字越えてしまったので長いです。

世帯年収450万から年収250万になるまでの道のり

先ほども少し伝えましたが、我が家はいきなり転落したのではなく

予め時期がくれば転落することは予測が出来ていました。しかし

「何とかなる」

と、思ってました。

年収250万の旦那と結婚

2年間の同棲を経て結婚したわたしたち。

同棲中もお金の管理は全てわたしが任されていたので、旦那の年収が250万だったことは分かった上で結婚

おまけに旦那がパチンコ大好きだったことも承知の上ですw

しかし、結婚した当初はわたしも働いていたので世帯年収450万はありました。

世帯年収450万円の内訳は

  • 旦那:250万
  • わたし:200万

夫婦二人が生活していくには十分な世帯年収でした。

わたしは、派遣社員として働いていたので子どもを授かれば、いつかは旦那の給料のみでの生活が来ることが分かっていました。

その為、育休はとれないにしても(とれる会社もある)

みつ子
結婚後は子どもを授かっても出産ギリギリまで働いて、それまでに貯金をし最低でも子どもが1歳になったら働こう

と自分の中での人生設計はありました。

その為、同棲中から貯金をしようと意気込むのですが

目先の楽しさや先のことなんて分からないという考え

そして、結婚したときにお祝いとして貰ったお金が少しあったので

何とかなるだろうと思い

結局貯金が出来ないまま結婚することになりました。

共働きから旦那の給料のみでの生活が始まる

貯金ができないまま結婚したわたしたちは、すぐに娘を妊娠

しかし、出産まで働くから今の生活を改めれば大丈夫だと思ってました。

そして、妊娠を会社に知らせた後、つわりがひどくなり仕事どころじゃなくなったので会社に休む連絡をしたところ

休むようだったら、もうそのまま退職したほうがいいんじゃないか

的なニュアンスで言われたことがきっかけで、そんな会社こっちから願い下げと思い退職w

わたしが働いていた会社を退職したことがきっかけで

早くも旦那の給料のみで生活することととなり

わたしが想像していた人生設計は崩れ年収250万の生活が始まりました。

学んだこと
  • 人生設計は上手くいかない
  • 自分の働く場所はよく考える
  • 妻が働けなくなったときのリスク管理はしっかりする

転落後の生活と家計の変化

年収250万といわれてもピンと来ないかもしれませんが、手取りでいうと17万です。

普通だったら17万で生活出来ると思うんですが、当時のわたしたちは世帯年収450万を全て使っていました。

世帯年収450万の家計と生活

夫婦二人で年収450万だった時がありました。いわゆるDINKS時

DINKS時は一番貯め時と言われてますが、この時期に我が家は貯金をせず、むしろお金が足りないと思い

貯め時を逃してしまいました。世帯年収400万で夫婦二人の家計簿がこちら。

項目

世帯年収450万
(夫婦二人で共働き)

家賃 30000円
生命保険 25000円
携帯 20000円
小遣い 60000円
食費 40000円
雑費 45000円
光熱費 15000円
車ローン 33500円
義母 50000円
合計 318500円

家賃は社宅だったので別に普通でしたが、小遣いや雑費に加え訳のわからない義母までありますw

これは後ほど説明しますが、合計約32万でした。

世帯年収450万の時は手取りで大体32万だったので本当ギリギリの生活です。

年収250万なったときに、まずわたしがしたこと

今までの生活を続けていては貯金が出来ないどころか貰ったお祝い金を崩さないといけないことになります。

この頃は夫婦二人だった為、削れるところは削ることにし唯一つけていた家計簿をみかえし支出の見直しをしました。

支出の見直しをした後の家計簿がこちら

項目 世帯年収250万
(夫婦二人で旦那のみの給料)
家賃 18000円
生命保険 9692円
携帯 20000円
小遣い 30000円
食費 30000円
雑費 20000円
光熱費 10000円
車ローン 33500円
義母 0円
合計 171192円

 

比較してみると、項目ごとに支出を抑えれたことが更に分かります。

項目

世帯年収450万
(夫婦二人で共働き)

世帯年収250万
(夫婦二人で旦那のみの給料)

家賃 30000円 18000円
生命保険 25000円 9692円
携帯 20000円 20000円
小遣い 60000円 30000円
食費 40000円 30000円
雑費 60000円 20000円
光熱費 15000円 10000円
車ローン 33500円 33500円
義母 50000円 0円
合計 318500円 161192円 

 

学んだこと
  • 半分も支出は抑えれることができる。

最初は生活費から見直し

今では家計の見直しをするなら固定費と言われてますが、最初はやはり食費や娯楽費、小遣いと呼ばれる生活費を見直しました。

既に貯金が出来ている人は、生活費は考えて使えているから

貯金のペースを早めたりする為に、固定費の見直しは有効ですが

わたしたちみたいに、明らかに夫婦二人の生活なのに生活費へ使いすぎている場合、

固定費の見直しを先にしてしまうと、自分たちの生活は変わらないまま、ただ余裕が出るだけ。

余裕のないわたしたちにとっては、自分たちの生活も改めないと

固定費の見直しをしても余ったお金は生活費に使ってしまうと思ったので、生活費から見直しました。

食費と生活費、そして娯楽費を明確に

わたしの収入がなくなった為、わたしの小遣いはなくしました。

食費は夫婦二人でしたが30000円のうち10000円は旦那のビール代です(本当はここも削りたかったが無理でしたw)

 

雑費という名の娯楽費は正直何に使っていたのかよく分かりませんが、主に外食と遊ぶお金ですね。

これも見直しをして雑費はガソリン代や日用品という感じで、単に食費以外の物に使うのではなく

雑費の中でも使うものを明確にし、その他は出産準備や子どもの服をそろえるお金に使いました。

 

子どもたちが産まれてからは、ミルク代やオムツは雑費として出費し、足りない部分は貯金を崩していました。

ついでに、義母へ50000円もわたしていたのは、旦那が義母にお金を借りていたのでその分の返済です。←振り返ってみれば、よく旦那と結婚したな、わたし。

学んだこと
  • 家計簿はただつけているだけじゃ意味がない
  • 生活費を改めると無駄なことに使っていることが分かる

次に固定費の見直し

生活費の見直しをしても、旦那の給料だけで生活をするのは難しかったため

今まで当り前に払っていた家賃や生命保険なども削減出来たら更に支出が抑えれると思い、見直しをしました。

携帯代については、いつから格安SIMが始まったか知らないけど

当時は携帯代を抑える術を知らなかったため、そのままです。

家賃の見直し

世帯年収450万の時は、旦那の会社の社宅で家賃3万円の1Kで生活をしていましたが

子どもが生まれることを考えると、少しでも広いほうがいいと思ってました。

しかし普通の家だとわたしの地域の場合、家賃4万円以上はする為、市営住宅に申込。

年収も少なかった為、入居できることとなり駐車場込みの家賃18000円で3Kの市営住宅へ引越しをしました。

市営住宅で年数も経っていたので外観や内装は、やはり劣る部分はありました。

しかし、家賃が少なくなったのに、家は広くなりついでに立地もよかったので外観や内装なんて気にならずw

家賃の削減に成功

生命保険の見直し

今まで旦那の生命保険のみで20000円は越えていたのですが

見直しをしてからは保障内容もよくなった上にわたしの医療保険を合わせて10000円以内に収めることが出来ました。

家計の見直し後の生活はいたって普通だった

家計の見直しをして、なんとか旦那の給料だけで生活が出来るようになった我が家。

生活費の見直しはしたものの、生活自体は特に変わりはなく、

むしろ家も広くなったし、生命保険も保障内容はよくなりました。

もちろん、小遣いや生活費を下げたことで

欲しいものを我慢するというよりよく考えて買うということはしましたが

慣れてくればそれが当り前になるのでよかったと思ってます。

そして、いかにお金を使いすぎていたのかが、よく分かりました。

それでも貯金崩しの生活

しかし、これでも手取り17万だと厳しい為、食費や雑費の中でも上手くやりくりをし範囲内に納めるようにしました。

なんとか旦那の給料だけで生活ができると思いきや

ここで車の維持費や年間にかかる特別費があることを思い出しこの分は、貯金を崩しながら生活してました。

結婚前の貯金はなかったけど、結婚したときに貰ったお祝い金がありがたいことにあったので

それがなかったら頭下げて親に借りていた、もしくは借金をしていたかもしれません。

学んだこと
  • 生活費や固定費を見直したことで生活が変わるわけではなく無駄が分かる
  • いざとなった時に困らないためにも貯金は大事

そして心の余裕はいつだってない

つわりが終わってからは働けないもどかしさ、そして収入に対して出費が多かったのもあり、貯金できないもどかしさとこれからの不安。

収入が増えるどころか臨時支出が増えていたので、お金を使うことに躊躇する日々で

お金に対する余裕もなく、心の余裕もありませんでした。子どもが生まれるまでは

みつ子

あの時、意地張って会社を辞めるんじゃなかった…。これから子どもが生まれてくるというのに、どうしたらいいの。

ばっかり考える日々。

そして、わたしがお金の管理をしているので、状況を説明してもあまり理解してなくて、全然協力的じゃない旦那。

自分が働けない状況だし、仕事も頑張っていることは分かっていたから、旦那にも

みつ子

給料が少ないからもっと頑張ってよ!

とか言えるわけもなく。協力しない旦那にイラついて、度々旦那と喧嘩。

生活はいたって普通だったのに、お金がない焦りから心にも余裕がありませんでした。

学んだこと
  • お金の余裕は心の余裕
  • 家計管理をしていない方の協力が必要

妊婦の自分に何か出来ることはないのか?

出産に対する不安や子育ての不安に加え、お金の不安もあると、正直辛かったです。

でも、ここで泣いても何も変わらない。嘆いていても変わらない。

みつ子
何か自分に出来ることはないのか?

と考えるようになりました。

今思えば家計の見直しもまだまだ出来たかもしれませんが、当時のわたしにとっては初めてのことだったので

それが限界だと感じ、支出を抑える限界をしりました。

そこで、考えたのが「収入を増やす」こと

もちろん、妊婦だと中々雇ってもらえることもないので、自宅で何か出来ることがないかを探し出会ったのがポイントサイト。

【収入を増やす】主婦のプチ副収入

2017.11.25

そして、妊婦で時間があったので最初は旦那の愚痴を書いていたブログをw

家計管理ブログに変え、ポイントサイトの紹介をしたりしながら少しだけ収入を得ることが出来ました。

学んだこと
  • 今の時代ネットがあれば何でも出来る
  • 嘆いていては何も変わらない。がむしゃらでも行動をすることが大事

転落しても何とかなる!

転落した経緯を長々と書いてしまったので、最後までお付き合いしてくださった方、本当にありがとうございます。

最終的に伝えたいことは

  • 何かあっても夫婦で乗り越えることが大事
  • そして、行動することがもっとも大事

ということです。

安定を求めているわたしとは違い、目先の楽しさを選んでました。

だって、先のことなんて分かんないし、どうにでもなるでしょ?

結果、本当に何とかなるし、どうにでもなります。

どうにもなるんだったら「貯金なんてしなくていいじゃん」と思われちゃうかもしれないけど

何も行動しないとどうにかなることも、どうにもなりません。

今のうちからお金についての知識を得ることも大切で無料で参加できるマネースクールの講座もあります。

これから年収が下がることが分かっている方と今、年収が下がって悩んでいる方へ伝えたいこと

わたしたちみたいに、いずれその時期がくると分かっているのであれば、経験したわたしから言えることはこの3つ

大事なこと
  • 予め貯金はしておく
  • 今の収入に見合った生活を最初からしておく
  • いつまでも今の状況が続くと思わない
  • 可能であれば転職する

そして、ただ嘆いているだけじゃなくて、相手に文句言うだけじゃなくて、自分が出来るところから始めましょう。

行動すること
  • 家計の見直し
  • 収入を増やす努力
  • 可能であれば転職

わたしは、この経験こそが現在のわたしの糧となっているので

結果的に年収が下がった経験やお金と心に余裕のない生活大変だったけどよかったと思ってます。

読んで欲しいオススメ本

一般人のわたしが言っても説得力に欠ける部分はあるかもしれませんが、わたしがこの時に読んでおきたいと思ったオススメ本があります。

家計再生コンサルタントの横山光昭さんの本です。

わたしは、今更この本を知って読んだんですがw

年収250万に下がったときに、ぜひ読んでおきたい本だと思いました。

何にいくら使っていいのか金額の目安がハッキリすると自然に家計は立て直せます。

お金を貯めにくい時期は誰しもあって当然

お金を貯めにくい時期の後には、必ずお金を貯めやすい時期が訪れるから

こんなことを仰っていて、それに基づく家計管理方法まで書いてあります。

横山光昭さん自身も借金を抱えたことがあるそうで、節約本ではなく家計管理をしていく上で大切な本だと思ってます。

わたしたちも実際に今は世帯年収500万で生活し貯金もしているので、この本が言っていることは納得が出来る内容でした。

続いては、そんな我が家がどのようにして世帯年収500万まで上り詰めたのか?つづく

中卒で年収250万でも変われる!ブラック企業から転職

2018.01.11

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です