キャッシュレス化

キャッシュレス決済の種類と選び方|メリット・デメリットを徹底比較!どれがおすすめ?

キャッシュレス決済の種類

何かと話題になったPayPayでキャッシュレス決済を使ったことは多いと思いますが

キャッシュレス決済の種類はどんどん増えています。

 

2019年10月から2020年6月まで増税対策としてキャッシュレス決済をすると5%還元されるので

キャッシュレス決済に興味を持っている方も多いと思います。

 

みつ子
みつ子
けど、いざ使うとなるとどれを使ったらいいか分からないよ・・・

という方へ

キャッシュレス決済の種類とそれぞれの特徴やメリット・デメリットを抑え

自分がどのキャッシュレス決済を主に活用したらいいのかをこの記事では比較し徹底解説しています。

目次

キャッシュレス決済の種類と特徴を比較

 

クレジットカード

プリペイドカード
デビットカード

ペイ決済

電子マネー

支払方法後払い・チャージ式
・即時引き落とし
・チャージ式
・即時引き落とし
チャージ式
決済方法カードをスキャンカードをスキャンコードを読み取るカードをかざす
特徴高額な買い物もできる必要な分だけ使えるスマホで決済できる使い過ぎを防げる
代表的な物楽天カード
Yahoo! JAPANカード
Kyash
・LINE Payカード
楽天ペイ
PayPay
楽天Edy
nanacoカード

一番使われているキャッシュレス決済はどれ?

キャッシュレス決済にも種類がたくさんありますが、実際にみんなどのキャッシュレス決済を使っているのか気になりますよね?

 

そこで、Twitterで普段よく使うキャッシュレス決済についてアンケートを取ってみました!

なんと、ペイ決済が1番使われていました!

しかも現金派は、やはり少なくてみなさんキャッシュレス決済を上手に使いこなしていますね。

[kanren id=”13010″ is_date=”1″]

 

[box class=”box33″ title=”キャッシュレス決済の種類”]

[/box]

キャッシュレス決済の選び方

自分に合ったキャッシュレス決済を選ぶことで使い過ぎを防げて、家計管理が楽になります。

 

私は主に

[list class=”li-mainbdr strong“]

  • 固定費:クレジットカード決済
  • 食生活費:スマホ決済
  • お小遣い:電子マネーやスマホ決済

という風に使い分けをしています。

 

家計管理が中々できないという方は、後払い式のクレジットカードは避けプリペイドカードやデビットカードを利用し

普段の買い物はチャージ式の電子マネーを利用するなど使い分けるとキャッシュレス決済が利用できる場所も広がります。

 

これから自分にあったキャッシュレス決済の種類が分かるようにキャッシュレス決済の種類別にメリット・デメリットを解説していきます!

[box class=”box33″ title=”キャッシュレス決済の種類”]

[/box]

キャッシュレス決済で「クレジットカード」がおすすめな人

[box class=”box31″ title=”こんな方におすすめ”]

  • 家計管理ができる人
  • 毎月高額のお買い物をする人
  • 固定費の支払いにおすすめ

[/box]

クレジットカード決済のメリット

  • 毎月の固定費の支払いに使える
  • 高額な買い物に使える
  • 多少な支払い方法が選べる
  • ApplePayやGooglePayで使える

クレジットカードは限度額を超えなければ高額な物でも購入でき、ボーナス払いや分割払いなど多様な支払い方法が選べます。

 

電気やガス・生命保険など毎月の固定費の支払いもクレジットカードに対応していることが多くクレジットカードのポイントも貯まるため

家計管理が苦手という方でも固定費の支払いはクレジットカードがおすすめ

 

対象のクレジットカードであればApplePayやGooglePayに登録することができるのでクレジットカードを持ち歩く必要がなく

QuickPayの支払いが対象のお店でスマホをタッチするだけで支払いができます!

クレジットカード決済のデメリット

  • 使いすぎることがある
  • リボ払いは金利が高い

クレジットカードで支払ったお金は翌月以降に請求されるためその場で現金が減らず使いすぎてしまうことがあります。

そのため、家計管理などをして使い過ぎを防ぐようにしておかないといけません。

 

わたしはクレジットカードを主に固定費で利用していますが多くのお店に対応しているため普段クレジットカードを使うときは使った分だけ現金を封筒管理して使い過ぎを防いでいます。

[kanren id=”6463″ is_date=”1″]

 

あと多様な支払い方法ができるのですが、リボ払いにすると金利が高くなるのであまり使わないのが◎

おすすめのクレジットカード

楽天カードは楽天ポイントもザクザク貯まり使い道も豊富にあるためおすすめ

わたしもメインカードに楽天カードを使ってます。

 

\公式サイトで発行する/

楽天カードに申し込む

 

もっと詳しく知りたい方は「[pagelink id=11736]」で紹介中

[kanren id=”11736″ is_date=”1″]

キャッシュレス決済で「プリペイドカード・デビットカード」がおすすめな人

チャージ式プリペイドカード

[box class=”box31″ title=”こんな方におすすめ”]

  • 家計管理を楽にしたい人
  • チャージ式でクレジットカードと同じように使いたい人
  • クレジットカードが使える場所で使いたい人

[/box]

プリペイドカード・デビットカードのメリット

  • 使い過ぎを防げる

チャージ式のプリペイドカードはあらかじめカードにお金をチャージをしてから使う決済方法で

即時引き落としのデビットカードは銀行口座にお金が入ってないと使うことができないので

必要な分だけお金を入れれば使い過ぎを防げます。

 

VISAやJCBブランドに対応しているため使う場所に困らず、クレジットカードが利用できる場所で使えます。

プリペイドカード・デビットカードのデメリット

  • 月額料金の支払いは不可
  • 入金のし忘れに注意

毎月継続して支払いがある固定費などには利用できません。

 

毎回お金をチャージ・入金しないと利用できないため、入金し忘れると使いたいときに使えないデメリットがありますが

わたしは使い過ぎを防げるため毎月1回お金をチャージして生活費や食費に利用しています。

おすすめのプリペイドカード

一番のおすすめはKyash。VISA加盟店で使うことができ還元率が1%でお得に利用できます。

キャッシュレス決済で「ペイ決済」がおすすめな人

[box class=”box31″ title=”こんな方におすすめ”]

  • 家計管理を楽にしたい人
  • お得に還元を受けたい人
  • カード類を持ち歩きたくない人

[/box]

ペイ決済のメリット

Pay決済はあまり馴染みがないかもしれませんがスマホアプリをダウンロードしバーコードやQRコードを読み取って決済する方法です。

 

スマホアプリにチャージして使ったり、クレジットカードを登録することでカードをださずに決済できるのが特徴

 

クレジットカードを登録してPay決済を利用することで

  • Pay決済の還元
  • クレジットカード決済の還元

ポイントの2重取りが可能になるので、キャッシュレス決済でお得にポイントを貯めたいという方にはおすすめです。

ペイ決済のデメリット

1回の支払いが10万円以上超える決済ができないことが多いので生活費や食費などに利用するのがおすすめ

 

ペイ決済はスマホを利用するため、電波がなかったり電源が入ってないと使うことができません。

 

そのため使いたいときに使えないこともあるので、わたしはスマホの手帳型ケースにクレジットカードと電子マネーを入れてます。

おすすめのペイ決済

一番おすすめは楽天ペイ

ローソンやファミマなどのコンビニで使え楽天ポイントが貯まるし使えます。

 

ここからのダウンロードで
楽天ポイントが100ポイント貰える

 

話題になった

もおすすめです。

[kanren id=”13010″ is_date=”1″]

キャッシュレス決済で「電子マネー」がおすすめな人

電子マネー

[box class=”box31″ title=”こんな方におすすめ”]

  • 家計管理を楽にしたい人
  • 自動販売機をよく使う人
  • 税金もキャッシュレス決済したい人

[/box]

電子マネーのメリット

電子マネーはチャージして使うため使い過ぎを防げ、普段のお買い物はもちろん自販機や税金の支払いなどにも利用することができるため多様な使い方ができます。

[kanren id=”3110″]

電子マネーのデメリット

楽天Edyは使えるお店が多いのですがnanacoは使える場所が限られるのと、nanacoカードにチャージできる金額は10万円までなので高額な買い物には向いていません。

おすすめの電子マネー

楽天サービスをよく使うなら持っておいて損はない楽天Edyがおすすめ

[kanren2 id=”5071″]

 

お得に税金を支払いたい方はnanacoカードがおすすめ

[kanren2 id=”3110″]

キャッシュレス決済のメリット

少し前まではキャッシュレス決済と言えばクレジットカードが主流でしたが、2018年後半からは新たにペイ決済などが話題になり注目を集めています。

 

そもそもキャッシュレス決済を利用するとメリットがあるんです。

ポイントが貯まる|増税対策で5%還元される

キャッシュレス決済をすると各ポイントが貯まるようになるので、現金で支払いをするよりお得になります。

 

2019年10月の増税に向けて政府がキャッシュレス決済すると最大5%還元することを決めています。

 

みつ子
みつ子
ポイントが貰えるだけでしょ?

と鵜呑みにして増税をもろに受けるのか、少しでもキャッシュレス決済を使いこなしお得に節約するのか

 

わたしなら後者のキャッシュレス決済でお得に節約したいので増税までにキャッシュレス決済は色々使っています。

お金を持ち歩かなくてもいい

お金を持ち歩くことにあまり抵抗はなかったのですが、キャッシュレス生活を始めてからは

スマホケースにカードを入れているため財布はほとんど持ち歩くことがなく

財布を小遣い用と生活費用に分けてたわたしにとっては荷物が劇的に減りました。

 

保育園のお迎えなどにスマホさえ持っていけば帰りに「今日牛乳がなくなったから買わないといけなかった!」なんて時も

財布を取りに帰らずにスーパーへ寄って購入することができるようになったのでとても便利になりました。

 

レジでお会計がスムーズになる

現金のやり取りがないためレジでお釣りの渡し間違えなどはなく、お会計もかざしたり読み取ったりしてもらうだけなので

朝のコンビニでは現金よりキャッシュレス決済の方がスムーズにお会計ができます。

 

ただ今は決済方法が多くなって店員さんの方が支払い方法が分からず戸惑ってしまうことがあるから少し申し訳ないけど(;_:)

家計管理が楽になる

キャッシュレス決済は使い方次第で家計管理がとても楽になります。

家計簿アプリを利用すれば自動で明細を仕分けし家計簿をつけてくれたりするのでレシートを取っておく必要もありません。

キャッシュレス決済のデメリット

使いすぎてしまうことがある

直接現金のやり取りがないため財布からお金が減らないクレジットカードなどは、しっかり管理しておかないと使いすぎてしまうことがあります。

 

しかしキャッシュレス決済に限らず現金でもお金が足りず銀行口座からよく引き落としをしてしまうこともありますよね。

要は決められたお金を無駄遣いしないためにもキャッシュレス決済を利用する前にある程度お金の使い方を考えることは必要です。

[kanren id=”3205″]

 

中々クレジットカードの管理ができず使いすぎてしまう方はチャージ式のプリペイドカードや即時引き落としのデビットカードを使ってみるのがおすすめです。

キャッシュレス決済の種類によっては使えないお店がある

一番多く使えるキャッシュレス決済の種類はクレジットカードやプリペイドカード・デビットカードですが

ペイ決済や電子マネーは使えないお店も多々あります。

 

そのため1つのキャッシュレス決済にまとめるのではなく、複数のキャッシュレス決済の種類を使い分けると

キャッシュレス生活も快適にできます。

キャッシュレス決済の種類とメリット・デメリットのまとめ

キャッシュレス決済の種類は

  • クレジットカード
  • プリペイドカード・デビットカード
  • ペイ決済
  • 電子マネー

があり、キャッシュレス決済をすることでポイント還元がありお得に買い物ができるメリットがあります。

キャッシュレス決済の種類にもそれぞれメリットデメリットがあるので、上手に使い分けるのがおすすめです。

ABOUT ME
みつ子
アラサー2児ママのパート主婦 低収入時代に培った 家計管理方法や貯金術を紹介 お得やポイ活で我慢しない節約し 貯めたお金は資産運用で増やして ゆとりある家計を目指すためのブログ
RELATED POST