新節約術の「ポイ活完全ガイド」>>

送金アプリpring(プリン)のメリット・デメリット!便利な使い方も紹介

無料送金アプリの「pring(プリン)」を結構前から使ってるんですが

スマホ決済アプリが話題になっているせいか、pringを知らない方や

名前は知っているけど使ったことがないという方が多いです。

 

無料送金アプリは、友達にスマホ1つでお金を送金できるサービス

他にもLINE Payや楽天ペイでも利用できます。

 

みつ子

都会では既に割り勘を無料送金アプリでやっていることも多いみたいだけど

うちの周りはようやくPayPayが認知されてきた感じで

無料送金アプリで割り勘なんて中々できないよ・・・

と思っていましたが、紹介キャンペーンをやっていたこともあって登録してみました。

(2020年06月現在では紹介キャンペーンはありません。)

 

紹介キャンペーンで貰ったお金をどうしようか迷っていたところ、送金機能はもちろん

メリットを活かした便利な使い方ができることが分かり、送金アプリに興味がなかった私が

今では重宝している「pring(プリン)」

 

この記事では送金アプリに興味がなかったあなたでも使いたくなる「pring(プリン)」の使い方と

メリットを活かした便利な使い方をご紹介します!

送金アプリ「pring(プリン)」とは?

pringとは、スマホでお金を無料で送れる「送金アプリ」

 

お店などで割り勘する時などは、pringを使えば簡単にお金を送金できます。

対応している銀行

pringと連携できる銀行口座は現在コチラ

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • auじぶん銀行
  • イオン銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 福岡銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 愛知銀行
  • 阿波銀行
  • 伊予銀行
  • SBJ銀行
  • 愛媛銀行
  • 関西みらい銀行
  • 北九州銀行
  • 紀陽銀行
  • 熊本銀行
  • 群馬銀行
  • 京葉銀行
  • 滋賀銀行
  • 四国銀行
  • 七十七銀行
  • 親和銀行
  • 常陽銀行
  • スルガ銀行
  • 千葉銀行
  • 筑波銀行
  • 東邦銀行
  • 八十二銀行
  • 百十四銀行
  • 広島銀行
  • 福島銀行
  • 北洋銀行
  • 北海道銀行
  • 宮崎銀行
  • 武蔵野銀行
  • 琉球銀行

連携できる銀行は随時追加中です。

pringで、できること

pringにチャージ

pringに連携した銀行口座やセブン銀行から現金をチャージすることができます。

お金の送金

みつ子

お店で割り勘する時、小銭がなかったりするとスムーズに割り勘できないことありませんか?

そんな時、pringを使えばメッセージを送る感覚でスマホからお金を送金できるので

pringにお金をチャージすれば小銭も含め、割り勘もスムーズにできるようになります。

送金されたお金の受け取りと引き出し

自分が幹事になった時に、pringで送金されたお金の受け取りをpringでし

自分の連携している銀行口座へ戻し現金で受け取ることができます。

スマホ決済

pringに対応したお店であれば、お会計の支払いをpringですることもできます。

pringの使い方

 

pringを利用するのに必要な物

  • pring
  • 対応した銀行口座
STEP.1
pringをダウンロード
 

まずアプリをダウンロード

pring(プリン) - 投げ銭アプリ

pring(プリン) – 投げ銭アプリ

pring Inc.無料posted withアプリーチ

STEP.2
会員情報を登録する
 

 

  1. 電話番号を入力
  2. SMSに届く認証番号を入力
  3. 新規登録から名前・誕生日・パスワードを入力

この順番で会員情報を登録します。

STEP.3
銀行口座を登録
pringと連携している銀行口座を登録し連携できたらpringで送金やチャージ

銀行口座へ出金が可能になります。

pringのメリット

送金や支払い・pringからお金を引き出す手数料はすべて無料

pringで

  • チャージ
  • お金を送金
  • お金の受け取り
  • pringから銀行口座に戻す
  • お店での支払い

これらの手数料は全て無料で出来ます。

入出金の限度額は1日100万円まで

pringにお金をチャージしたり、pringから銀行口座へお金を引き出す際の限度額は1日100万円です!

その為、かなりの資金移動ができるようになります。

注意

pringと連携したばかりの銀行口座は数日間入金も出勤も限度額は1日10000円になる為、注意

サブアカウントが作れる

pringでは、メインアカウントを作った上でサブアカウントが2つまで作ることができます。

 

サブアカウントでは、事業のお金のやりとりや、SNSなど匿名でのやりとりにも活躍!

登録口座・ATMでのチャージ・出金はメインアカウントで行う為

サブアカウントで出来ることは

  • お金をおくる
  • お金をもらう
  • お店ではらう
  • 自分のメインアカウントからのチャージ、出金
  • チャット
  • pringIDでの検索、他のプリンアカウントとつながること

ができます。

 

サブアカウントの作成方法

STEP.1
トップページのアイコンをタップ
STEP.2
右上の+ボタンをタップ
 
STEP.3
IDと名前を作成しアカウントを追加
 
STEP.4
サブアカウントとメインアカウントを切り替えする場合
マイページの右上をタップすれば切り替えができるようになります。

 

pring(プリン)のデメリット

連携できる銀行は随時追加中

pringは現在対応する銀行を随時追加していますが、地方銀行などはまだ追加されていない銀行もあります。

ただネット銀行は、大体pringと連携できるようになっており

手数料無料の割には連携できる銀行が多いと思うので、あまりデメリットではないかな?

pringで支払いできるお店は少ない

pringが対応しているお店であれば、支払いをpringの残高からキャッシュレスで決済することができますが

対応しているお店は少ないです。(現在拡大中)

 

現在対応しているお店は

  • ファミマ
  • コメダ
  • トイザらス
  • キリン堂

などで、他は個人店などで利用できます。

pringに対応しているお店を見る

 

pringのメリットを活かしたお得な使い方

pringでは、チャージや送金、pringから連携した銀行口座にお金を戻す際の手数料は無料なので

様々な場面で活躍します!

手数料無料で他の銀行に振込(資金移動)ができるようになる

 

地方銀行などは、お金を他行に振込する際、大体手数料がかかりますが

pringを使えば、手数料無料で他の銀行へ資金移動ができるようになります。

画像はゆうちょ銀行からSBIネット銀行へ資金移動する方法です。

STEP.1
チャージするをタップ
STEP.2
資金移動する銀行口座を選択
STEP.3
金額を入力しチャージする
  

チャージが完了するとpringに金額が即時で反映されます。

STEP.4
pringにチャージされたお金を他の銀行口座に移動させる

今回はゆうちょ⇨SBIネット銀行に無料で資金を移動させたいのでSBIネット銀行にしてます。

金額を入力し口座に戻すをタップ

これで出金手続きが完了です。

11時以降に手続きした場合は、翌営業日の15時以降に銀行口座へ反映されます。

 

  1. pringと地方銀行・SBI銀行を連携
  2. パート代が振込されたら地方銀行からpringにチャージ
  3. pringにチャージしたお金を「口座に戻す」からSBI銀行を選択

我が家の場合は、私のパート代は地方銀行に振込されるので

これで地方銀行⇒SBI銀行へ手数料無料で資金移動ができるようになります。

旦那の銀行口座から妻の銀行口座へ手数料無料で振り込み

旦那のスマホであらかじめpringをインストールして、銀行口座を連携させておきます。

続いて、妻のpringアカウントをID検索で追加

 

STEP.1
トップ画面の左上にある追加をタップ
STEP.2
追加したい人のpringIDか電話番号を入力
すると相手のpringがでてくるので追加すればOK 

  1. 旦那の給料が振込される地方銀行口座からpringにチャージ
  2. お金を送るで旦那のpringから妻のpringへ手数料無料で送金
  3. 妻のpringに旦那から送金されたお金がチャージされる

この流れで夫婦の他行口座でも手数料無料で資金の移動ができます。

 

その為、私は給料日のお金の振り分けは、ネットでポチポチするだけ

手数料無料で、自宅にいながら資金の移動をしています。

友達と割り勘する時はpringでお金の送金

友達と食事に行って割り勘する時は、pringを使えば手数料無料でお金を送金できます。

 

友達もpringをインストールしている必要がありますが、pringIDや電話番号で検索し

pringに友達を追加すれば、メッセージ感覚でお金を送金できます。

左下にある、送るのボタンを押せば金額が入力でき、好きな金額を送金できます。

送金された側は、受け取りボタンを押せば自分のpringへチャージされます。

 

もちろん1円単位で送金できるので、きっちりした割り勘ができ幹事になっても多く支払ってしまったということは防げます。

投げ銭アプリとして利用できる

pringでチームを作成し、コンテンツを作成

それを見た方がいいね!や応援として1円から送金することができます。

 

noteのように、コンテンツ自体に金額を決めることはできず

応援したいと思った時だけお金を送金できるので、基本コンテンツなどは無料で見れます。

 

コンテンツは、今のところ画像・YouTubeの貼り付けができますが

ブログなどのURLは貼り付けしても一部リンクになりません。

 

 

試しに作ってみたので、どんなものなのか知りたい方は、コチラ

>>https://team.pring.app/teams/1506/posts/7774

みつ子

コンテンツは、まだ作成していませんが今後、追加できたらいいなぁと思ってます。

 

注意
チームのオーナーは、チームに集まった合計金額から手数料として総額の9.5%かかるので注意

pringのメリット・デメリットと便利な使い方のまとめ

pringは、ただの送金アプリとは違い

  • 割り勘の時に友達にお金を送金する
  • 他行の口座同士で資金移動が家にいながらできる

様々な使い方ができ、全て手数料無料で利用できます。

 

最初は送金アプリとして登場したpringですが

など、出来ることがどんどん増えていっています。

 

正直、いつ改悪(手数料無料を廃止など)になるかも分からないので

今のうちにpringを使いこなし恩恵を受け取りましょう!

 

pringのダウンロードはコチラ

pring(プリン) - 投げ銭アプリ

pring(プリン) – 投げ銭アプリ

pring Inc.無料posted withアプリーチ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です