楽天ペイで楽天ポイントをコンビニやネットショップで使う方法と注意点

楽天ポイントって楽天カードを使うだけでポイント貯まるし楽天市場でお買い物すると結構貯まります。

その貯まったポイント、楽天市場で消費するのもいいんですが

楽天市場以外のネットショップ街のお店で使うことが出来ます。

楽天ポイントを街やネットショッピングで使う場合

  • 楽天Edy
  • 楽天ポイントカード(楽天ポイントアプリ)
  • 楽天ペイ

3つの方法で楽天ポイントを使うことが出来ます。

しかし街やネットショッピングで楽天ポイントを使えるのはありがたいけど、

それぞれ用途や使い方が異なり、どれがどこで使えるのかが非常にわかりにくいです。

そこで、この記事では楽天ペイを使って街やネットショップで楽天ポイントを使う方法をご紹介

楽天ペイって何?

クレジットカードを出さずにスマホだけでクレジットカード決済が出来るサービスで

事前に楽天ペイへ普段使うクレジットカードを登録して利用します。

更に楽天ポイントを使って支払うこともできます。

楽天ポイントカードと楽天ペイの違い

楽天ペイではオプションとして楽天ポイントを使って支払うこともできるので楽天ポイントカードと混同しがちです。

しかし、楽天ポイントカードと楽天ペイの違いは

  • 楽天ポイントカードは楽天ポイントを貯める・使うだけのサービス
  • 楽天ペイはクレジットカードを使わずにスマホだけでクレジット決済をメインにするサービス

楽天ポイント機能しかないのが楽天ポイントカード

クレジット機能+楽天ポイントがあるのが楽天ペイです。

楽天カードと楽天ペイの違い

楽天カードは現在クレジット機能+楽天Edy+楽天ポイントの3つが付帯していますが

楽天ペイはクレジット機能+楽天ポイントの2つしか付帯していません。

クレジット機能について

楽天ペイでは楽天カードのように、VISAやJCB加盟店などの店舗で使えるのではなく

楽天ペイアプリ対象店舗しか使うことができません。

楽天ポイントについて

楽天ポイントは、ミスドやマックで使うことができますが

楽天ペイで楽天ポイント使うときはミスドやマックで使うことができません。

街で楽天ペイが使える対象店舗(コンビニはローソンのみ)

街で使える対象店舗は

コンビニならローソンのみですが、その他にもワタミグループAOKIが主にあり、その他の対象店舗はこちらで確認できます。

対象店舗を確認する

対象店舗は随時追加予定だそうなので、これからに期待👏

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントが使える

楽天ペイを使って街でお支払いをする際に、楽天ポイントを使うことができるので端数などを楽天ポイントで支払ったり

全て楽天ポイントでお支払いすることもできます。

更に!期間限定ポイントも使うことが出来るので、お得に楽天ポイントを使えます。

期間限定ポイントを使う際の設定は必要なく

期間限定ポイントがあれば優先的に自動で期間限定ポイントから消費されます。

ポイントの3重取りが可能

楽天ペイを使って支払いをすると200円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。

事前にクレジットカードを登録して利用するので

  • クレジットカードのポイント
  • 楽天ペイ利用分の楽天スーパーポイント
  • 街の店舗独自のポイント

と、ポイントの3重取りが可能

街で使うだけで、これだけのポイントが貰えるなら現金で払うことも少なくなるし、スマホ1つで買い物が出来ます。

楽天ペイのダウンロード方法

楽天ペイを使うにはまず、スマホにアプリをダウンロードする必要があります。

ここからのダウンロードで
今なら楽天ポイントが100ポイント貰えます!

楽天ペイをダウンロードして100P貰う

 

ダウンロードしたら楽天会員の人はログインをすると楽天ペイへ楽天会員の情報が紐付けられます。

続いてお支払い元の設定画面になるので、ここで楽天ペイで利用するクレジットカードを選択します。

楽天会員で登録しているクレジットカードが自動的に反映されますが

他のクレジットカードを使いたい場合は、他のカードを選択。

新しいカードを追加したい場合は「+新しいカードを登録」で追加して選択してください。

利用するクレジットカードは登録後でも、設定で変更出来ます。

注意
対応クレジットカードは

  • 楽天カード(どのブランドも可)
  • VISA
  • Mastercard

のみの対応なので、それ以外のJCB等は登録不可です。

利用するクレジットカードを選んだら「このカードを選択」をタップし

クレジットカードの裏面にあるセキュリティコードを入力すれば楽天ペイが使えるようになります。

ダウンロード後はキャンペーンにエントリー

楽天ペイではお得なキャンペーンを開催していてエントリーは必須となります。

街で楽天ペイを利用して楽天ポイントを使う方法

お支払い元の設定を終えると楽天ポイント数やバーコードが表示されます。

街で楽天ペイを使って支払いをする方法は3種類あり

街でお支払いをするときは、このバーコードやQRコードを読み取ったりしてお支払いをします。

それぞれの支払い方法は店舗によって異なるので注意

バーコード表示

楽天ポイントを使うにはお支払い前に設定から楽天ポイントを設定します。

  • ポイントを使わない
  • すべて使う
  • 一部のポイントを使う

この3つの設定ができ一部のポイントを使うのであればここで

使うポイント数を指定します。

バーコード表示でお支払いができる店舗は現時点でローソンのみです。

ローソンで楽天ポイントを使うなら楽天ペイは必須!dポイントよりお得です

QRコード読み取り

ローソン以外はQRコードを読み取りしてお支払いをします。

引用:楽天ペイ

QRコードを読み取ったらこちらも設定で楽天ポイントを使う指定ができ主にワタミグループやAOKIがあります。

セルフ

QRコードがない楽天ペイ対象店舗はセルフでお支払い。

引用:楽天ペイ

楽天ペイの支払い上限金額と楽天ポイントの利用上限

バーコード表示で支払う際は1回の支払い上限は20000円で1日あたりの利用上限も20000円です。

楽天会員のランクがレギュラーランクの人は4000円までの支払いしか出来ないので

ローソンで楽天ペイを使って支払う際は注意が必要です。

 1回で使える楽天ポイントの上限
バーコード20000ポイント(レギュラー会員は4000ポイント)
QRコード30000ポイント
セルフ30000ポイント

 

楽天市場以外のネットショップで楽天ポイントを使う

楽天市場以外のネットショップで使う場合、楽天ペイアプリは必要なく

楽天会員であれば情報が紐付けされて利用することが出来ます!

以前までは楽天ID決済と呼ばれていましたが、楽天ペイが出てからは楽天ペイと名前が変わり

対象サイトでの支払い方法は楽天ペイを選択してください。

ポイントの利用制限

もちろん楽天ポイントを使うことができ期間限定ポイントも使うことが出来ますが

決済時に50ポイント以上の利用可能な楽天ポイントを持っていない場合

提携サイトでのポイント利用はできず

1回のお会計で使える楽天ポイントは30000ポイント1ヶ月で100000ポイントまでが楽天ポイントを提携サイトで使える上限です。

楽天ポイントが使える対象サイト

ネットショップで楽天ポイントを使えるサイトは結構あり、わたしも普段使っているサイトで

支払い方法を選択するときにこのお店も使えるんだな~と思うことがよくあります。

 

これはほんの一部ですが約5000サイトと提携しているので、いつも同じ支払い方法をしている人は

一度支払い方法を見たら使える可能性もあります。

その他の提携サイトはこちらからどうぞ

楽天ペイ対応のネットショップを探す

まとめ

楽天ポイントは楽天市場以外で使えるポイントで

街やネットショップなど多くの場所で楽天ポイントが使えるようになっています。

これだけ楽天ポイントを活用できるため、ポイントを貯めてもお得に使えるポイントなので

楽天カードを保有して更に楽天ポイントを貯めれば、街やネットショップでお得に活用することができます。

更に楽天カードを発行すると楽天ポイントが今なら8000ポイント貰えます。

現在実施中のキャンペーン

2018年5月16日~5月21日10時まで!

楽天カード発行で8000ポイント貰えます!

 

↓公式サイトで発行する↓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です