新節約術の「ポイ活完全ガイド」>>

楽天ペイのお得な使い方とメリット・デメリット!楽天ポイントが貯まって使える

楽天ペイアプリはローソンやファミマでも利用でき楽天ポイントも貯まって使えます。

 

楽天ポイントを街で使うには通常楽天ポイントカードを利用しますが

楽天ポイント加盟店でないと使えません。

 

しかし楽天ペイ加盟店で楽天ペイを使うと楽天ポイントも利用できるようになります。

 

楽天ペイはクレジットカードを登録して利用するため残高にチャージする必要はなく

クレジットカードをださずに決済ができるスマホ決済アプリです。

 

楽天ペイを活用できれば楽天ポイントを使えるほか

お得にポイントが貯まるようになるため

この記事では楽天ペイのお得な使い方とメリット・デメリットを解説していきます。

 

楽天ペイとは?

クレジットカードを出さずにスマホだけでクレジットカード決済が出来るスマホ決済アプリ

事前に楽天ペイへ普段使うクレジットカードを登録してお支払いができ

楽天ポイントを使って支払うこともできます。

楽天ペイの還元率は0.5%

楽天ペイを利用して貯まるポイントは楽天ポイントで

楽天ペイの還元率は0.5%です。

 

還元率はあまり高くありませんが、楽天ポイントが使えるのも特徴です。

楽天ペイが使えるお店

楽天ペイが使えるお店

現在も楽天ペイ加盟店は増えていて使えるお店は

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • 白木屋
  • 和民
  • AOKI
  • Right on
  • ピザーラ

などで使えます。

ローソンで楽天ポイントを使う方法ローソンで楽天ポイントを使うなら楽天ペイ!Pontaポイントも貯まります!

 

コンビニなどで使う場合、一部金券類や収納票などは楽天ペイを使って支払えないものもあります。

お店ごとによって異なるため、事前に確認するのがおすすめ

 

ちなみにローソンやファミマで楽天バリアブルカードを購入する場合は楽天ペイでは支払ができないので注意

ネットショップでも楽天ペイが使える

以前までは楽天ID決済と呼ばれていましたが楽天ペイが登場してからは楽天ペイ決済に変わり

楽天会員のIDを入力するだけで楽天ペイ決済が利用できます。

洋服代の節約はSHOPLIST(ショップリスト)で!送料無料・友達紹介・楽天ポイントが使える

 

もちろん楽天ポイントも使えて貯まります。

これは、ほんの一部ですが約5000サイトと提携しています。

 

その他の提携サイトはこちらからどうぞ

楽天ペイ対応のネットショップを探す

 

登録できるクレジットカード

楽天ペイはチャージして使うのではなくクレジットカードを登録して使うため

事前にチャージする必要もなく、レジでクレジットカードを出さずに決済ができます。

 

楽天ペイに登録できるクレジットカードは

  • すべての楽天カード
  • 国内で発行されたVisa・Mastercard

が使えます。

 

登録・利用できないクレジットカードは

  • 楽天カード以外が発行したJCBカード
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover
  • 海外で発行されたカード

などがあります。

楽天ペイを使うメリット

ポイントの3重取りができる

楽天ペイをローソンで使った場合

  • ポンタ・dポイント
  • 楽天ペイの楽天ポイント
  • 楽天ペイに登録しているクレジットカードのポイント

ポイントの3重取りができるので、コンビニでは楽天ペイを使うのがおすすめ

Kyashを登録すれば還元率は合計最大3.7%になる

楽天ペイに登録するクレジットカードをKyashにすると

楽天ペイ0.5%
Kyash2%
Kyashに登録するクレジットカード0.5%~1.2%

合計最大3.7%のポイントが還元されます。

 

Kyashには楽天カードも登録できるので楽天ペイに直接楽天カードを登録するより

  1. Kyashに楽天カードを登録
  2. 楽天ペイにKyashを登録

するのがおすすめです。

KyashのVISAリアルカード仕組みとメリット・デメリットを徹底解説!お得なチャージ式プリペイドカード

 

Kyashのバーチャルカードも楽天ペイに登録できて使えます。

Kyashのバーチャルカードはリアルカードが届くまでにおすすめ!違いや発行方法・使い方を解説

楽天ペイならローソンやファミマで期間限定ポイント・楽天キャッシュも使える

楽天ペイならローソンやファミマなどのコンビニでも楽天ポイントが使えます。

 使えるポイント数
1日4000ポイント

 

例えば

ローソンで1500円の買い物をして楽天ポイントを500ポイント使った場合

  • 500円:楽天ポイント
  • 1000円:楽天ペイ(楽天ペイに登録しているクレジットカード払い)

になります。

使う楽天ポイントはその都度設定ができ、使わないこともできます。

 

もちろんネットショップでも使えるので

期間限定ポイントや楽天キャッシュも利用できるため楽天ポイントの使い道には困りません。

ネットショップなら分割払いができる

楽天ペイ払いでもネットショップなら分割払いが利用できます。

※分割手数料は自分で負担。手数料はクレジットカードごとにより異なります。

 

支払い回数は登録しているクレジットカードのブランドで定められており

3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回から選べます。

 

楽天ペイを使うデメリットと注意点

楽天ペイが使える限度額がある

楽天ペイは1回で50万円までの支払いができますが

登録しているクレジットカードが50万円未満の限度額だった場合はそれ以上の支払いはできないため注意

 

ローソンやファミマなどバーコード決済をする場合は限度額が異なります。

 使える金額
1回4000円まで
1日4000円まで

楽天ペイを使うにはネット接続が必要

公式サイトには

楽天ペイアプリのご利用の際は、LTEやWi-Fiなどの通信ネットワークが必要です。通信圏内でご利用ください。

引用:楽天ペイ:よくある質問

そのため圏外の時には利用できないので注意

楽天ペイの使い方

①楽天ペイをダウンロード

街で使うときはアプリを利用して使うので楽天ペイアプリが必要です。

ここからのダウンロードで
楽天ポイントが100ポイント貰える

②クレジットカードを登録する

楽天ペイに登録するクレジットカードはKyashがおすすめです。

楽天ペイアプリのトップ左上をタップ

  

設定」をタップ

お支払元の設定」をタップ

③バーコード・QRコード・セルフコードで支払う

ほとんどがバーコード決済を使って支払います。

 

バーコードを表示させ店員さんに楽天ペイで支払うことを伝えバーコードを読み取ってもらえばOK

この時に楽天ポイントを使うか使わないかを設定できます。

まとめ:楽天ペイを使えば楽天ポイントの使い道が増える

楽天ポイント加盟店でなくても、楽天ペイが利用できるお店なら

楽天ポイントや期間限定ポイントなどを使えるのでおすすめです。

 

楽天ペイは残高にチャージして使うタイプではなく

クレジットカードを登録するため、残高を気にせずに使えます。

 

登録するクレジットカードをKyashにすると

  • 楽天ポイント
  • Kyashの残高
  • クレジットカードのポイント

合計還元率が最大3.7%になる使い方もあるので活用すればお得に買い物できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です