貯金のコツは消費・浪費・投資に分けてお金の使い道を考えること

支出にも細かい項目はそれぞれありますが、その中でも大きく3つの種類に分類することができ

消費・浪費・投資」があります。

この3つを意識し考えることで貯金が出来るようになると家計再生コンサルタントの横山光昭さんは考えているそうです。

そこで、今回は貯金が出来る第一歩として消費・浪費・投資について考えてみたいと思います。

消費・浪費・投資の種類と割合

それぞれの内容を簡単に説明すると

  • 消費:生活していく上でかかる必要なお金(家賃・食費・光熱費など)
  • 浪費:無駄使い(お酒、タバコなど)
  • 投資:将来の為に使うお金(株式投資、セミナーや資格取得など)

と言われています。

理想の割合

  • 消費:70%
  • 投資:25%
  • 浪費:5%

消費は生きていく上で必要な為、割合もその分大きくなってます。

消費・浪費・投資の判断基準

何を基準にして、消費や浪費、投資を決めるかですか、最終的には自分の判断基準を作ることが目的です。

消費の判断基準

生きていく上で必要なお金の為、払った金額=価値と言われていて主に、家賃や光熱費、それから食費などとなります。

しかし、消費として買ったものが浪費になることは多々あり

食材を消費として買っても使い切れなかったら浪費になってしまいます。

まぁそんなことを考えていると分けることすら出来なくなってしまう為

まずは、生活に必要なお金と考えて分けたほうがいいです。

浪費の判断基準

生きていく上で必要のないお金で、払った金額>価値と言われています。

主に、タバコやお酒などになるんですが、先ほども伝えたように消費が浪費になることはよくあることだし

投資として支出していても浪費になることもあります。

この浪費は他人から見ると浪費なんだけど、自分から見ると投資ということもある為

判断基準としては少しやっかいなものです。

まずは、自分が無駄使いをしていると思うものをわけると分かりやすくなります。

投資の判断基準

将来の為に今、使うお金で払った金額<価値と言われていて、貯金も投資の部類に入るそうです。

主に、金融商品への投資やセミナー参加、資格取得などの自己投資があります。

しかし、投資と浪費は紙一重。

本を投資と思う人もいれば、浪費と思う人もいるわけで

投資は将来にならないと、それが投資なのか浪費なのか分かりません。

自分が投資と思っているものを分けてみたときに、

投資として支出しているものが今の自分に役立っている、もしくは今後役立ちそうなものなのかを考えます。

そして、今の自分に役立っていない投資は浪費となり、まだ分からない場合は投資と分けたほうがいいと思います。

分類することで見えてくる今後の家計管理

まず、支出を3つの種類に分ける時に、悩んだ支出については今後、注意したい支出です。

悩んだ支出については、もう一度よく考え分類することで自分が考える3種類の支出の価値観ができ

今まで必要だと思っていたものが、そうでなかったりすることも分かります。

家計の見直しが出来る

消費と浪費、投資を意識することでお金を使うべきところと、最小限に抑えるべきところが見えてきて

これにより家計の見直しができるようになります。

例えば、生命保険は将来に備える為、投資と考えている人もいるかもしれませんが

掛け捨ての生命保険は使わないと価値がない為、将来にならないと投資なのか浪費なのか分かりません。

その為、支払っている金額が今の自分たちに妥当なのか?を考えることができ、

生命保険の見直しもしくは、生命保険を辞めその分貯蓄をするという選択肢ができ、

支出を最小限に抑えることが出来るようになります。

【見直し前と後で比較】世帯年収500万円夫婦の生命保険料を公開

2017.11.16

安物買いの銭失いにならないように考えれる

例えばセールで安くなっているものがあった場合

安いから買うは浪費となり、必要なものが安く買えた場合、消費となります。

節約をしていると、どうしても安さに目がいきがちですが、

消費と浪費と投資を意識することで安物買いの銭失いにならず考えてお金を使うことが出来ます。

変動費と呼ばれる食費や雑費、日用品は特に消費か浪費か意識したいです。

本当に必要なのか?その自己投資

わたしは妊娠中にユーキャンで医療事務の資格をとったのですが

これから何かあった時の為に手に職をつけておいた方がいいと思い

資格があれば何とかなるという理由で医療事務の資格をとりました。

しかし、未だに医療事務の経験はなく、むしろ医療事務として働きたいと思っていないため

浪費の自己満で今のところ終わりそうですw

スキルアップなどの為にセミナーや資格取得を自己投資としている人は

その資格、本当に活かせていますか?もしくは活かせる自信はありますか?

本を投資と考えている場合、読んだだけで満足していませんか?

自己投資をする場合

  • 本当に自己投資したものが活かせているのか?
  • 今の自分にどんな自己投資が必要なのか?
  • 今後を考えた上でどんな自己投資が必要なのか?

を考えることができ投資が浪費になることを防ぐことも出来ます。

まとめ

これらは、貯金していく上でも大切なことで、ここに家計管理を上手くやっていくコツがあります。

この消費・浪費・投資を考えることで、3つの種類に対して自分の価値観が出来るため

少ないお金でも価値観を得ることができたり目先の安さに囚われず、高い買い物をする時も今後のことを考え

ストレスや罪悪感を感じることなくお金を使うことができます。

それにより、家計の見直しもすることができ出ていく金額も変わる為、貯金も出来るようになります。

わたしも、支出の使い道を考えるべく、我が家の家計簿を元に3つの種類に支出を分類してみました。つづく

世帯年収500万の家計簿を元に消費・浪費・投資の割合を出してみた

2018.01.22

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へ
にほんブログ村

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です