新節約術の「ポイ活完全ガイド」>>

ふるさと納税の限度額を簡単により正確に調べる方法

ふるさと納税には限度額があり、限度額を超えてしまうと自己負担2000円を超えることもあります。

しかし、ふるさと納税の限度額は今年の年収で決まり家族構成によっても変わるので早見表では対応できない部分もある為

今回は簡単により正確にふるさと納税の限度額を調べる方法を紹介!

ふるさと納税はたくさん納税すればいいわけではない

実質2000円で返礼品も貰えるなら沢山納税すれば良さそうですが、そんな上手い話はありません。ふるさと納税にも限度額があります。

限度額を知らないと、納税しすぎて自己負担2000円を超える可能性もあるのでふるさと納税をしようとしている方は、限度額をまず、調べましょう!

ふるさと納税の限度額~早見表~

 

↓年収 独身
又は
共働き
夫婦
又は
共働き

子1人(高校生)
共働き

子1人(大学生)
夫婦

子1人(高校生)
共働き

子2人(大学生と高校生)
夫婦

子2人(大学生と高校生)
300万円 28,000円 19,000円 15,000円 11,000円 7,000円  
325万円 31,000円 23,000円 18,000円 14,000円 10,000円 3,000円
350万円 34,000円 26,000円 22,000円 18,000円 13,000円 5,000円
375万円 38,000円 29,000円 25,000円 21,000円 17,000円 8,000円
400万円 42,000円 33,000円 29,000円 25,000円 21,000円 12,000円
425万円 45,000円 37,000円 33,000円 29,000円 24,000円 16,000円
450万円 52,000円 41,000円 37,000円 33,000円 28,000円 20,000円
475万円 56,000円 45,000円 40,000円 36,000円 32,000円 24,000円
500万円 61,000円 49,000円 44,000円 40,000円 36,000円 28,000円
525万円 65,000円 56,000円 49,000円 44,000円 40,000円 31,000円
550万円 69,000円 60,000円 57,000円 48,000円 44,000円 35,000円
575万円 73,000円 64,000円 61,000円 56,000円 48,000円 39,000円
600万円 77,000円 69,000円 66,000円 60,000円 57,000円 43,000円
625万円 81,000円 73,000円 70,000円 64,000円 61,000円 48,000円
650万円 97,000円 77,000円 74,000円 68,000円 65,000円 53,000円
675万円 102,000円 81,000円 78,000円 73,000円 70,000円 62,000円
700万円 108,000円 86,000円 83,000円 78,000円 75,000円 66,000円

 

早見表を使って限度額の目安を調べるのもいいんですが、先ほども伝えたように

年収や家庭状況(共働きや子どもの人数と高校生か大学生とか)によって変わるので早見表では対応できない部分もあります。

ここは自己負担2000円を超えないように早見表ではなく、より正確に調べたほうがいいです。

ふるさと納税の限度額を簡単により正確に調べる

限度額は今年の年収で決まるのですが、まだ今年が終わっていないのに今年の年収なんて分からないですよね?

そんな時、毎年1月あたりにもらう源泉徴収票を使ってより正確にふるさと納税を調べることができます。

この方法は前年度と大幅に給料が変わらない方におすすめです。

転職などで大幅に給料が変わってしまう場合は、今年の年収を予想して限度額を調べるしかありません。

準備するのもの

手元に源泉徴収票を準備してください。

今回はふるさと納税の控除金額シュミレーションツールを使います!

控除金額シュミレーション

このシュミレーションツールは給与収入で確定申告している人も対応しているので、医療費控除がある方も大丈夫です。

かんたんシュミレーションではなく、詳細シュミレーションを今回は使います。

シュミレーションツールの使い方

源泉徴収票を元に該当する項目を入力していくだけです。確定申告をした人は確定申告書の控えを用意し入力。

医療費控除がある場合は、実際にかかった医療費ではなく控除される金額を入力。

該当する項目を入力し終えたら、結果が下のほうに出てます。

簡単にふるさと納税の限度額を出すことが出来ます!

控除の内訳

このツールの凄いところはシュミレーションした限度額を元に、実際に寄附をしたら、所得税と住民税からいくら控除されるのかまで確認出来ます!

実際に21000円をふるさと納税で寄附すると

所得税から1000円、住民税から18000円控除される為、控除額の合計は19000円

自己負担2000円でふるさと納税が出来ます。

ふるさと納税は計画的に

前年度の源泉徴収票を元に計算するため、あくまでも、目安の金額

2017年のふるさと納税の限度額は2017年の収入や医療費控除などによって変わります。しかし、2017年の総収入は2017年が終わってからでないと分かりません。

その為、どのシュミレーションツールを使っても、計算式を使っても、目安しか出せないのですが、その目安もより正確に近づけるのが今回のシュミレーションツールです。

控除金額シュミレーション

今年の収入が去年と全く同じということはないと思うので、シュミレーション結果で表示された限度額ギリギリまでふるさと納税で寄附をするのではなく

調整しながら、計画的に行いましょう!

限度額が分かったところで、早速ふるさと納税に挑戦してみませんか?

続いてはふるさと納税なら楽天ポイントが使えて貯まる楽天市場がおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です