新節約術の「ポイ活完全ガイド」>>

楽天ポイント運用のメリット・デメリット!dポイント投資・楽天証券のポイント投資と比較

2018年10月3日新たに楽天ポイント運用が始まりました!

今までの楽天証券で楽天ポイントを使い投資信託の購入ができるポイント投資とは違い

  • 楽天ポイントだけで運用
  • 運用後に貰えるのも楽天ポイント

というのが楽天ポイント運用です。

 

同じようなサービスでdポイント投資もあります。

 

この記事では

  • 楽天ポイント運用とは?
  • 楽天ポイント運用のメリット・デメリット
  • 楽天ポイント運用とdポイント投資の違い
  • 楽天ポイント運用と楽天証券のポイント投資の違い

についてまとめました!

 

 

楽天ポイント運用とは?10月3日から開始!

楽天ポイント運用が2018年10月3日から開始されました!

 

楽天会員なら誰でも利用できます。

 

楽天ポイント運用は

  • 口座開設は不要
  • 手数料なし
  • 100ポイントから利用可能

など、楽天証券のポイント投資とは違い、手軽にできるポイント投資なので

楽天ポイントの使い道に困っているならおすすめ

 

こんな人におすすめ

  • 楽天ポイントの使い道に困っている
  • 楽天ポイントを増やしたい
  • 気軽にポイント投資をしたい

 

通常ポイントのみ運用できる

楽天ポイント運用で利用できるポイントは通常ポイントのみ

期間限定ポイントや他ポイントから交換してきた楽天ポイントは運用できません。

運用ポイントの上限

各コースで30000ポイントが上限ですが

 

他の楽天グループでのポイント利用も含め1ヶ月の利用上限は10万ポイントで

(ダイヤモンド会員は50万ポイント)となるため

他の楽天グループで楽天ポイントを利用している場合は注意です。

楽天ポイント運用のメリット

簡単3ステップで始められる!証券口座の開設は不要

楽天ポイント運用は、証券口座の開設は不要で

  1. ポイント運用を始める(規約に同意)
  2. コースを選ぶ
  3. ポイントを投資

これだけで始められるので、口座開設に時間をかけることなくすぐに始められます。

ポイント運用は2つのコースを選ぶだけ

楽天ポイント運用では、どのように運用するのか2つのコースから選ぶだけで

どちらかのコースを設定しないといけません。

(いつでも変更可能)

 アクティブコースバランスコース
特徴値動きが大きく積極的な運用を目指す値動きは小さいが安定的な運用を目指す
割合70:30の配分で分散投資
(株式:債券)
30:70の配分で分散投資
(株式:債券)
連動する銘柄楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)

 

値動きは大きいがポイント投資なので積極的に運用したい場合はアクティブコース

値動きは小さいがコツコツ安定的にポイント投資をしたい場合はバランスコースがおすすめ

 

ちなみにわたしはアクティブコースで楽天ポイント運用中です。

運用後は楽天ポイントで貰える

運用したポイントは1ポイントから引き出し可能で楽天ポイントで貰えます。

楽天ポイント運用のデメリット

本格的に投資をしたい人には向かない

楽天ポイント運用の利用上限は30000ポイントですが、全て楽天ポイント(通常ポイント)のみの運用となるため

資金を増やしたくても現金で追加投資をすることはできません。

 

通常ポイントで毎月30000ポイントが貯まることは多くないと思うので

 

みつ子

通常ポイントがいつもより多くもらえたから少し運用してみようかな?

 

という感じで気軽にする分には向いていますが、本格的に投資を始めるには向いていません。

 

その場合は、口座開設し楽天証券のポイント投資がおすすめです。

>>楽天証券でポイント投資をするメリット・デメリット!運用結果は利回り5%超え

 

楽天ポイント運用のやり方(始め方)

  • STEP.1
    楽天ポイント運用を始める
  • STEP.2
    コースを選ぶ

    楽天ポイント運用のやり方

    2種類のコースをから1つ選択

    後からコースを変更することもできるので、悩まずにサクッと選びましょう。

  • STEP.3
    投資するポイント数を決める
     

    楽天ポイント運用のやり方

    100ポイントから投資ができ、100ポイント単位で追加できます。

     

    楽天ポイント運用で利用できるポイント数は

    「追加可能なポイント数」として反映されています。

  • STEP.4
    完了
     

    実際に運用されるのは

    営業日の14時までに申し込み⇒翌営業日から運用開始になります。

楽天ポイント運用とdポイント投資を比較

 

 楽天ポイント運用dポイント投資
口座開設不要不要
利用できる人楽天会員dアカウントを発行
利用できるポイント楽天ポイント
(期間限定ポイント不可)
dポイント
(期間限定ポイント不可)
運用方法楽天の投資信託
楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式・債券)に連動
THEO投信(お金のデザイン)
テオグロース・AIファンド(世界の株式中心)に連動
コースの種類2種類
・アクティブコース
・バランスコース
2種類
・アクティブコース
・バランスコース
上限ポイント3万ポイント10万ポイント

 

dポイント投資も楽天ポイント運用もポイント投資のしくみに大して差はありませんが

  • 上限ポイント
  • 連動する商品

が違います。

 

どちらも手軽にできるポイント投資なので

自分が多く保有していて使い道に困っているポイントで始めるのがおすすめ

 

ちなみに楽天ポイントの使い道dポイントの使い道は他にもあります。

 

楽天ポイント運用と楽天証券でポイント投資を比較

 楽天ポイント運用楽天証券のポイント投資
口座開設不要楽天証券の口座開設が必要
利用できるポイント楽天ポイント(期間限定ポイント不可)
運用方法楽天の投資信託
楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式・債券)に連動
楽天証券の投資信託から選べる
コースの種類2種類
・アクティブコース
・バランスコース
なし
上限ポイント3万ポイント10万ポイント

 

楽天ポイント運用と楽天証券のポイント投資は根本的に違い

  • 気軽に投資をするなら楽天ポイント運用
  • 本格的に投資をするなら楽天証券のポイント投資

になります。

 

ポイント運用は利用できる上限も決まっており、現金で追加投資ができないので

利益は少額ポイントといった感じですが

今まで投資をしていない人にとってはポイントで投資経験ができるので、いいきっかけだと思います。

 

しかし本格的に投資を始めたいと考えているなら

  • 現金で追加投資もできる
  • 楽天SPUの対象
  • 楽天ポイントを現金化できる

などのメリットがあるため楽天証券のポイント投資がおすすめ

 

楽天ポイントで投資信託が始められる

 

まとめ

楽天ポイント運用は、手軽に投資をしたい方向けです。

 

わたしは「試しにどのくらいポイントが増えるかなぁ」という感じで始めました!

 

運用後も楽天ポイントで貰えるので、楽天ポイントを増やせるものとしても利用できます。

もちろん投資になるため、減る可能性もありますが

投資をしないことの方がリスクになることがあります。

>>【貯蓄から投資へ】国はなぜ投資を勧めるのか?隠された本当の理由と必要性を考えてみた

 

ポイント投資により手軽に投資経験ができるので、全く投資をしたことない人は

楽天ポイント運用で始めるのもおすすめです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です