新節約術の「ポイ活完全ガイド」>>

nanacoにクレジットカードでチャージする方法と注意点

nanacoカードはセブンの電子マネーですが、今ではセブン以外にも使える場所は増え

更に税金や国民保険料などもnanacoカードで支払えるので、節約主婦は持っておきたい電子マネーです。

nanacoカードは前払い式の電子マネーなので利用するにはnanacoカードへチャージしないといけません。

チャージする方法はレジやATMからでもできますが、クレジットカードが断然おすすめ!

nanacoカードで車の税金や住民税・国民保険料をお得に支払う方法でも紹介していますが

クレジットカードのポイントが貯まり、nanacoポイントも貯まる(税金等の支払いは貯まらない)ので

ポイントの2重取りができお得に支払えます。

今までレジでチャージしていた方は、すぐにクレジットカードでチャージする方法へ変えるのがおすすめ!

この記事ではnanacoカードへクレジットカードチャージをする方法をご紹介

nanacoチャージはリクルートカードがおすすめ!

注意
クレジットカードでnanacoへチャージする場合が全てのクレジットカードがポイント付与対象ではないので注意

nanacoチャージでおすすめのクレジットカードはリクルートカード

リクルートカード

還元率は1.2%で、nanacoチャージもポイント付与が対象です。

例えば10000円をリクルートカードでnanacoにチャージした場合

リクルートポイントが120ポイント貯まりnanacoチャージの中で還元率NO1です!

どのブランドでも対象ですが楽天EdyのクレジットカードチャージはVISAかMaster cardのみなので

JCB以外で発行するのがおすすめです!

最大6000ポイント貰える

クレジットカードチャージをする事前準備

クレジットカードでnanacoへチャージする前に事前準備が必要

事前準備から実際にチャージできるまでは日にちがかかるので

早めに事前準備をしておくのがおすすめ!

対象のクレジットカードで利用登録

まずはnanacoチャージ対象のクレジットカードで利用登録をしないといけません。

nanacoカードでするのではなく、各対象クレジットカード側でするので間違えないように注意

利用登録方法も各クレジットカードによって違います。

クレジットカード ブランド 利用登録
Yahoo! JAPANカード 全てのブランド カード会員サービスの各種お手続きから可能
リクルートカード JCB MyJCBに登録することで自動で認証されるので不要
リクルートカード VISA
MasterCard
MUFGカード会員サービスに登録することで不要
登録していない人は新規ID発行から登録が必要
セブンカードプラス JCB MyJCBに登録することで自動で認証されるので不要
セブンカードプラス VISA セブンカードWEBサービス(VISA)に登録で不要

ヤフージャパンカードの利用登録方法

ヤフーカードの本人認証サービス

ヤフーカードの会員サイトへログインして右下にある「各種お手続き」の本人認証サービスの登録からできます。

決済時に利用するパスワードを入力しクレジットカードの裏面にあるセキュリティコードを入力すれば本人認証サービスが登録完了!

すぐにnanacoカードへ登録ができます!

ここで入力したパスワードはnanacoチャージのクレジットカードを登録するときに必要となるので

忘れないように注意!

リクルートカードの利用登録方法

リクルートカードの会員画面で登録するのではなく各ブランドで会員登録することで利用登録はできています。

既にリクルートカードを発行したときに各ブランドに登録しているかもしれませんが登録していない方は

から、新規登録することで自動で認証されnanacoにクレジットカードが登録できます。

nanacoカードへクレジットカードの登録

利用登録まで終われば、nanacoに自分の使うクレジットカードを登録しないといけません。

注意

新規でnanacoカードを発行した人は10日後の朝6時から

nanacoモバイルに新規入会・機種変更した方は4日後の朝6時から登録できるようになります。

  • STEP.1
    ログイン

    nanacoカード会員メニューへログイン

    ログイン後はこのnanacoクレジットチャージから登録できます。

    ↓目印の画像↓

  • STEP.2
    登録

    ↓目印の画像↓

    クレジットカード番号などを入力すると本人認証サービスに移ります。

  • STEP.3
    登録後

    クレジットカードの本人認証サービスのパスワードの入力をすれば、事前登録は完了!

    登録したあとは24時間後にnanacoへクレジットカードチャージが出来るようになります。

nanacoカードへクレジットカードでチャージする方法

nanacoへクレジットカードを登録後は24時間経過しないとチャージができないので注意

チャージ方法は簡単でnanacoカード会員メニューから

  1. nanacoクレジットチャージ
  2. クレジットチャージ(入金)
  3. 入金金額を選択

の手順でクレジットチャージが出来ます。

※申し込みボタンを押すとキャンセル出来ないので注意!

チャージ申込後はレジやセブン銀行のATMで残高確認

会員サイトで見ると分かりますがクレジットカードでチャージしたお金は

センターお預かり分として反映されます。

※5000円をクレジットカードでチャージの申込をした分

このセンターお預かり分をカード内残高のマネー残高へ移行させないと店頭で使えません。

移行するにはセブンのレジかセブン銀行のATMなどで残高確認をすればでき

残高確認後は、すぐにカード内残高へ反映されるのでnanacoを使ってお支払いが出来るようになります!

※nanacoモバイルのアプリでクレジットチャージした場合は残高確認は必要なくマネー残高へすぐに反映されます。

 

nanacoチャージをクレジットカードでする注意点

クレジットチャージの利用制限

チャージできる金額や回数に制限があります。

利用制限 回数 チャージ金額
1日 3回まで 5,000円~30,000円(モバイルは29000円まで)/1回
1ヶ月 15回 20万が上限/月

1日にチャージできる金額は3回ですが、実際には1日最大80000円までしかチャージできないので注意

普段の買い物なら問題ないかもしれませんが、税金や国民保険料などを支払う場合は

チャージ金額が多くなるので「nanacoで5万円以上・10万円以上をチャージして税金や固定資産税を払う方法」で詳しく解説してます。

nanacoで5万円以上・10万円以上をチャージして税金や固定資産税を払う方法

まとめ

1回事前登録すれば、あとは簡単に会員サイトからクレジットカードチャージができるので

早めに事前登録をしておくことがおすすめです。

nanacoカードでは、自動車税や市民税・固定資産税などの税金から国民保険料などバーコード付の納付書なら支払えるので、

クレジットカードチャージしてお得に支払いしましょう!

nanacoカードで車の税金や住民税・国民保険料をお得に支払う方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です