新節約術の「ポイ活完全ガイド」>>

LINE Pay(ラインペイ)カードの使い方とメリット・デメリット!還元率が最大2%で節約主婦におすすめです。

LINE Payカードとは、LINEのチャージ式プリペイドカードで

チャージをしないと使えないのでクレジットカードで使い過ぎてしまう人にはおすすめのカード

 

更にLINEポイントも最大2%還元されるのでお得に使えます。

 

今まで

  • クレジットカードが発行できなかった
  • クレジットカードで使い過ぎてしまった
  • クレジットカードだと家計管理がしにくい

といった節約主婦はLINE Payカードで全て解決できます!

 

この記事ではLINE Payカードの使い方とメリット・デメリットを徹底解説していきます。

 

LINE Payカードとは?

年会費・発行手数料は無料で審査は不要

LINE Payカードは年会費・発行手数料が無料

審査がないので、申し込みすれば誰でも発行できます。

 

うちの旦那は楽天カードに審査落ちを何度もしているためLINE Payカードを持たせていますが

非常に使い勝手もよく助かってます!!

 

LINE Payカードが使えるお店

LINE Payカードは全国のJCB加盟店で使えます。

 

チャージ式のプリペイドカードですがLINE Payカードにお金を入れればクレジットカードと同じように使えるので

レジでは「支払いはクレジットカードで」と言ってカードを読み取ってもらえばOK

 

LINE PayカードはICチップがないためセブンなどのレジでは

店員さんにカードを渡し読み取ってもらいましょう。

LINE Payカードの還元率と貯まるポイント

LINE Payカードの還元率はマイカラー制度によって決まり

その月に利用した決済金額に応じて翌月の還元率が最大2%還元されます。

マイカラー還元率決済金額
2%10万円以上/月
1%5万円~9万9999円/月
0.8%1万円~4万9999円/月
0.5%0円~9999円/月

 

ポイント付与対象となる利用金額の上限は月100万円まで

LINE Payカードを使って貯まるポイントはLINEポイントです。

LINE Payカードの限度額

LINE Payカードを1回に利用できる金額はLINE PayアカウントがLINE cashなのかLINE Moneyによって決まります。

 

LINEcashとLINEmoneyの違い

  • LINEcash:本人確認未実施のLINE Payアカウント
  • LINEmoney:本人確認済みのLINE Payアカウント

 

本人確認はLINE Payに銀行口座を登録すると完了します。

>>公式サイト:本人確認すると何ができるの?

 

そしてLINE PayアカウントがLINEmoneyなら、使える金額は

なんと!最大100万円です。

 

家電を買うときなどにも使えます!

LINE Payカードを発行するメリット

使いすぎないから節約主婦におすすめ

LINE Payカードはチャージ式のプリペイドカードなのでLINE Payカードにお金をチャージしないと使えません。

 

そのためクレジットカードだと使いすぎてしまう方にはおすすめのカード

 

事前にチャージをしておくため、普段分けている生活費用の現金を

使う前にチャージすれば、後払いのクレジットカードより家計管理も楽になります。

リアルタイムで利用通知がLINEで届く

LINE Payカードを利用すると、こんな感じで

リアルタイムでLINEで通知が届くので、万が一不正利用された場合でもすぐに気づくことができます。

 

LINEポイントをチャージして使える

LINEポイントが貯まっている方はLINE Payカードにチャージして使えるので

貯まったポイントの使い道に困りません。

 

ちなみにポイントタウンはLINEポイントに交換でき、交換したLINEポイントはLINE Payカードにチャージして使えます。

LINE Payカードの残高は出金できる

LINE Payカードにチャージしたけど、やっぱり出金したいなぁ

という時でもLINE Payで本人確認している場合はLINE Payカードの残高が銀行口座に出金できます。

手数料が216円かかるので注意

LINE Pay(コード決済)が使えないお店でも使える

LINE Payでコード決済もできますが、使えるお店はまだ少ないです。

しかしLINE Payカードなら全国のJCB加盟店で使えてLINEポイントも貯まるのでお得に使えます。

LINE payカードのデメリットと注意点

クレジットカードチャージができない

2017年3月末までファミマのFamiポートの収納発行票でチャージする方法なら

ファミマTカードでチャージができたので、Tポイントがお得に貯まってましたが

2017年3月末で収納発行票の支払いにファミマTカードが使えなくなってしまいました。

 

注意
現金の支払いなら今まで通りFamiポートでLINE Payにチャージできます。

 

ほかのチャージ方法でも2019年04月現時点ではLINE Payカードにクレジットカードチャージができず

nanacoや楽天Edyのようにお得にクレジットカードチャージができないので注意

LINE Payカードで固定費の支払いはできない

LINE PayカードはJCB加盟店で使えますが一部使えないものがあり

  • ガス代
  • 電気代
  • スマホ代
  • Wi-Fi代

などの月額料金制の固定費などにはLINE Payカードを登録しようとすると弾かれて登録ができません。

 

還元率をアップするにはとにかくLINE Payとラインペイカードを使わないといけない

LINE Payカードは以前まで一律還元率2%貯まる超お得なカードでしたが

2018年6月1日に実質改悪され最大2%になってしまい新たにマイカラー制度が導入されました。

 

最初は還元率最大2%になるまでLINEで友達に送金しないといけなかったりと

条件は厳しかったですが、今では改良され条件は緩くなっています。

 

とは言え、LINE PayとLINE Payカードなどを月に利用した金額によって決まり

還元率を最大2%にする場合はとにかくLINE Payサービスを使わないといけません。

LINE Payカードの補償金額は10万円まで!状況次第で補償限度額の引き上げあり

LINE Payカードを万が一不正利用などされてしまった場合

不正利用の発生から30日以内に報告しないといけません。

MEMO

お問い合わせフォームから申請できます。

>>LINEお問い合わせフォーム

 

そして保証してくれる金額は10万円まですが、LINEmoneyアカウントであれば

状況次第で補償限度額の引き上げもあるそうです。

LINEペイカードの使い方

LINE Payカードを発行(申し込み)する

注意
以前までコンビニでLINE Payカードを販売していましたが2018年1月15日をもって店頭でのLINE Payカード販売は終了となってます。

LINE PayカードはスマホアプリLINEから申し込みをします。

 

昔はLINE Payがなかったのでカードの申し込みだけでよかったのですが

今はLINE Payの利用(電話番号認証)を開始しないと申し込みができないので注意

 

LINE Payの利用開始はすぐにできます。

 

公式サイトからだと、一気に申し込み画面までいけます。

参考 LINE Pay カード申込み方法LINE

(LINE Payを利用していない方は利用開始手続きから始まります)

 

カードを選んで名前や住所を入力するだけでOK

発送までに1週間から10日前後かかります。

LINE Payカードにチャージする

LINE Payにチャージする方法は5つあります。

 

※2019年04月現時点では、LINE Payカードにクレジットカードでチャージはできません。

LINE Payカードで支払う

レジではクレジットカード払いでといいLINE Payカードを出しましょう。

 

LINE PayカードはICチップがないためセブンのレジではカードを店員さんに渡して従来通り読み取ってもらいましょう。

まとめ:LINE Payカードは使いすぎずお得に買い物できるので節約主婦にはおすすめ

LINE Payカードはチャージ式のプリペイドなので

使いすぎずにお得にLINEポイントをためることができます。

 

そのため今までクレジットカードで使いすぎてしまったり

クレジットカードの家計管理がうまくできなかった人にはおすすめのカード

 

全国のJCB加盟店のコンビニや家電量販店で使え

LINE Pay(バーコード決済)が使えないところでも使えるため

使う場所には、ほとんど困りません。

 

ただし固定費にはLINE Payカードが使えないため

固定費はクレジットカードで支払って普段の買い物などにはLINE Payカードと使い分けるのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です